• HOME
  • ブログ
  • iPad
  • まだまだ発表される可能性があるかも。「iPad mini5」は「A9」チップを搭載して登場かもって話。

まだまだ発表される可能性があるかも。「iPad mini5」は「A9」チップを搭載して登場かもって話。

先日にはニューヨークで開催されたイベントにおいて、Appleは噂されていた新型「iPad Pro」を正式に発表し、初期在庫は完売し、さらに発売から3週間程度経過しましたが、いまだ在庫状況が安定せず、「iPhone XS」シリーズや「iPhone XR」の時とは大きく異なり、多くの需要を集めていると考えることができます。詳細は「年内購入は予約が必須に。「iPad Pro」の在庫状況がじわじわと悪化しているって話。」をご参照下さい。

一方で、新型「iPad Pro」と同時に、長らくその存在が待望されていた「iPad mini5」が正式に発表される可能性が高いと予測されており、、「デザイン」や「スペック」の進化は大幅ではないながらも、確実にスペックアップした状態で登場する可能性が高いと予測されていましたが、実際には発表に至りませんでした。詳細は「小型モデルの唯一の希望。「10月30日」のイベントでAppleは「iPad mini5」を正式に発表かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Twitter上で、次期「iPad mini5」の内部ボードを撮影した画像がリークしており、「A9」チップを搭載している可能性が高いとTweetされていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


内部ボードがリークに。

さて今回以下のようなTweetがされていることが判明しました。

さて今回のTweet内容を確認する限り、「iPad mini4」と「iPad mini5」とされるもののロジックボードを比較した画像を公開しており、少なくとも「iPad mini4」に関しては「A8」チップを搭載していることを確認することができます。一方で、画像で確認する限り、左側の「ロジックボード」に関しては、何の表示もありません。

今回のTweetによれば、「A9」チップ」を搭載しているとしていますが、無印の「iPad」が「A10」チップを搭載していることを考えれば、「iPad mini5」が「A9」チップを搭載している可能性が低いと考えたくなります。少なくとも無印の「iPad」は「iPad」シリーズの中で最も手頃な価格でというスタンスのはずなので、それ以上安い「iPad」が登場すると訳がわからないことになります。

今回の情報が正しければ、「A9」チップを搭載していることになれば、「iPad mini5」は「Apple Pencil」に対応する可能性も低く、「iPad」よりさらに廉価モデルとして登場することになります。「iPad mini」自体が元々「エントリーモデル」という位置付けではなかったことからも「iPad mini5」ではそのような位置付けになってほしくないですよね。

「iPhone」が徐々に大型化して行く中、「iPad mini」の存在価値は確かにどんどん薄れていきます。ただ現行の「iPad Pro」のように、「Face ID」を搭載し、さらに「小型化」した「iPad mini5」がでれば、地味に需要がありそうですけどね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧