• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 理想の「infinity O」を実現できずか。次期「Galaxy S10」はフロント部分に「ピアス式」ノッチが2つ搭載かもって話。

理想の「infinity O」を実現できずか。次期「Galaxy S10」はフロント部分に「ピアス式」ノッチが2つ搭載かもって話。

先日の情報からも、Samsungは次期「Galaxy S10」シリーズに、新たなデザイン言語「infinity O」を採用する可能性が高いと予測されており、「インカメラ」と「指紋認証」が「ディスプレイ」に統合された完全なフルスクリーンデザインは、「2020年」に登場する次期「Galaxy」に持ち越しになった可能性が高いと予測されています。詳細は「フルスクリーンデザインをお預けに。「Galaxy S10」は「infinity 0」を採用かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズが搭載されると予測されている「Exynos9820」が正式発表され、「5G」に対応や、「SoC」的には「8K」ビデオに対応するなど、処理性能はそこまで向上していない可能性がありますが、より最先端な技術を搭載していることを確認することができます。詳細は「ついに「Xperia」を超えるカメラを?「Galaxy S10」が搭載する「Exynos9820」は「8K」のビデオ録画に対応にって話。」をご参照下さい。

さて今回Android Headlinesによると、次期「Galaxy S10」シリーズは、「フロント」部分に「ピアス式」ノッチが2つ存在している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


ノッチが2つ存在に?

さて今回の情報によると、次期「Galaxy S10」シリーズは、「インカメラ」の部分がの「ピアス式」になっている「ノッチ」を2つ搭載している可能性が高いと予測されています。Samsungが正式に発表した「infinity O」においては、「インカメラ」の部分が「ノッチ」スタイルになると予測されていました。

しかしながら、「顔認証」を搭載するにあたって、「センサー」を搭載する必要性があり、この「生体認証」のセンサーの分だけ、もう一つ「ノッチ」が必要になるとしています。先日の情報からも、少なくとも「Galaxy S9」や「Galaxy Note9」は、「虹彩認証」と「顔認証」を搭載していますが、次期「Galaxy S10」においては、「虹彩認証」が廃止になると予測されています。詳細は「「生体認証」は新たな段階へ。「Galaxy S10」シリーズは「虹彩認証」を廃止にって話。」をご参照下さい。

よりセンサー部分を縮小することからも、「虹彩認証」を廃止すると考えられていましたが、今回の情報が正しければ、結局「インカメラ」と「センサー」で合わせて2つのノッチが必要になるので、デザイン的には、「虹彩認証」を廃止しても大きな成果がなかったと考えたくなります。

ただこの「ノッチ」部分をユーザービリティを下げないようにするために、Samsungは「Google」と共同して「Android9」を開発していると予測されており、Samsungのオリジナルテーマにも「ノッチ」をうまく隠す効果がある仕様になる可能性があるとしています。

確かに、本体のデザインやスペックに関しては、Samsung独自で開発を進めることができますが、インターフェイスに関しては、開発元である「Google」の協力が必要不可欠になります。どのようなインターフェイスになるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧