• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • 海外メディアのお墨付き。「Galaxy Note9」が今年発表された機種の中で最も優れた「ディスプレイ」を搭載にって話。

海外メディアのお墨付き。「Galaxy Note9」が今年発表された機種の中で最も優れた「ディスプレイ」を搭載にって話。

Samsungが強く意識していることもあるせいか、最新機種が発表される度に比較される「iPhone」と「Galaxy」ですが、今年の上半期に発表された「Galaxy Note9」は例年の「Galaxy」と異なり、例えば、バッテリーテストで「iPhone XS Max」を圧倒するなど、スペックにおいて、「iPhone」よりかなりの高評価を獲得していることが判明しています。詳細は「完全に敗北。「Galaxy Note9」は「iPhone XS Max」を電池持ちで圧倒しているって話。」をご参照下さい。

一方で、「Galaxy Note9」と「iPhone XS Max」では、同じく最大「512GB」に対応していますが、大きく価格差があるせいか、先日海外サイトが行なった、人気アンケートの結果において、「Galaxy Note9」は「iPhone XS Max」を人気においても完全に圧倒していることが判明しています。詳細は「爆発的な人気の可能性も。Samsung「Galaxy Note9」はすでに品切れが続出かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Android Authorityによると、今年発表された「Android」機種の中で、「Galaxy Note9」が最も優れた「ディスプレイ」を搭載した機種であると評価していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


最も高評価を。

 

さて今回同サイトが行なった「ディスプレイテスト」のスコアの一部が上記の画像になります。30機種以上をテストした上で、その中上位8機種のみのスコアをまとめたものとなっています。まず「色温度」からです。スコアが「6500」に近ければ、近いほど優秀なスコアになります。その上で、最も優秀なのが「Galaxy S9」で「6502」となっており、次点で「Galaxy  Note9」が「6514」となっています。

「Galaxy Note9」でもかなり優秀なスコアとなっていますが、「galaxy S9」がちょっと尋常じゃないと考えることができます。この時点では「Galaxy」の「ディスプレイ」が非常に優れていると考えることができます。

次に「ピーク輝度」です。数値が高ければ高いほど優秀なスコアになります。このテストで最も優秀なのが「Huawei Mate20 Pro」そして「Vivo V11 Pro」、そして「Galaxy Note9」の順になっていることを確認することができます。

今回のテストの詳細なスコアが公開されているわけではありませんが、以下のような基準を満たす機種が、優秀な機種だとしています。

  1. It should be brighter than 500cd/cm2, so you can see it outdoors without any help from shadows.
  2. Its display color error should be under 5 (DeltaE2000).
  3. Its greyscale values should be reasonably accurate (how the phone transitions from black to white).
  4. Its refresh rate needs to be able to handle common content.
  5. It should target a color temperature under 8000K, but above 6500K

実際今回公開されているスコアではピンときませんが、同サイトによれば、すべての項目のテストを行った上で、最も評価が高いのは「Galaxy Note9」と評価しており、さらに、Samsungのディスプレイ自体が他のメーカーから大きくリードしているとしています。

テストする機関によって、評価が異なる場合は多々あります。ただこの状況下においても、「Galaxy Note9」は、「ディスプレイ」にしろ、それ以外の項目においてもかなり高評価を獲得している割合が高いです。日本でもようやく発売を開始しました。電池持ちがよくて、「ディスプレイ」が綺麗な機種となれば、「Galaxy Note9」をおすすめします。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧