• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • デザインの終着点へ。「Galaxy S10」の精細なレンダリング画像を確認しようって話。

デザインの終着点へ。「Galaxy S10」の精細なレンダリング画像を確認しようって話。

先日の情報からも、Samsungは来年の2月に開催が予測されている「MWC2019」において、「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」など、合計3モデルを正式に発表する可能性が高いと予測されており、さらに「Galaxy S10+」に関しては「5G」に対応した特別モデルが存在していると予測されています。詳細は「IFA2018のようにはいかない?Samsungは「MWC2019」で「Galaxy S10」を発表し、「Xperia XZ4」へ真っ向勝負へって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは、「インカメラ」と「指紋認証」が「ディスプレイ」に統合され、完全にフルスクリーンデザインになる可能性が高いと予測されている中、直近の情報では、「infinity O」を採用する可能性が高いと予測されていることからも、「インカメラ」の部分だけ「ノッチ」スタイルになる可能性が高いと予測されています。詳細は「フルスクリーンデザインをお預けに。「Galaxy S10」は「infinity 0」を採用かもって話。」をご参照下さい。

さて今回、リーカーとして非常に定評のあるBenjamin Geskin氏が、自身のTwitterで、「infinity O」を採用した新しい「Galaxy S10」のレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


新たなレンダリング画像が公開に。

さて今回公開されたレンダリング画像が上記の画像になります。事前情報通り、「infinity O」を採用していること。「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載していること。そして背面に「トリプルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができます。

一方で、ホーム画面を表示したレンダリング画像が上記の画像になります。こちらのレンダリング画像のほうが、よりイメージしやすいですよね。ベゼルが極限まで削られており、さらに「Edge」スタイルを採用していることで、本体サイズ以上に、かなり持ちやすくなっていると考えることができます。ただ先日の情報からも、「Galaxy S10」のデザインはかなりの候補があることが判明しており、その一部には「フラットスクリーン」を採用していることも確認することができます。詳細は「「Edgeスタイル」不採用の可能性も。次期「Galaxy S10」シリーズのデザインが判明かもって話。」をご参照下さい。

また背面の「カメラ」に関しては、「Galaxy S9」シリーズでは、「垂直型」を採用している一方で、今回の「Galaxy S10」は並行型を採用していることを確認することができます。先日の情報では、内部スペースの有効活用により、大型バッテリーを搭載するためには、「カメラ」が「並行型」にする必要性があると予測されています。詳細は「より大型バッテリーを搭載するために。次期「Galaxy S10」は「Galaxy Note9」と似たようなデザインにって話。」をご参照下さい。

このことからも、搭載しているバッテリー容量は異なりますが、「Galaxy S9」のほうが電池持ちが悪く、この失敗を生かして「Galaxy Note9」がより大きなバッテリーを搭載し、さらに、電池持ちを改善していると考えることができます。現在は「S」と「Note」に分かれていますが、結局は事前情報通り融合されたほうが、かなり完成度の高い機種が誕生することになりそうですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧