• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 「Huawei」の折りたたみ式を採用した機種は「Huawei Mate X」に?「5インチ」ディスプレイを複数搭載にって話。

「Huawei」の折りたたみ式を採用した機種は「Huawei Mate X」に?「5インチ」ディスプレイを複数搭載にって話。

今年は「シェア2位」を維持している「Huawei」ですが、先日の情報からも、来年登場する次期「Huawei P30」シリーズにはかなり力を入れており、特に最上位モデルである「Huawei P30 Pro」に関しては、「クアッドレンズカメラ」に「5G」に対応する可能性が高いと予測されています。詳細は「多額の研究開発費の効果あり?「Huawei」は「Huawei P30」シリーズで初の「5G」対応機種としてMWC2019で正式発表にって話。」と「より先進的なカメラを搭載に。「Huawei P30 Pro」はクアッドカメラに光学式10倍ズームに対応かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei」は、MWC2019において、「Huawei P30」シリーズだけではなく、同社初となる「折りたたみ式」を採用した機種を発表する可能性が高いと予測されており、そのディスプレイサイズは「8インチ」になるとされています。詳細は「MWC2019で新しいステージへ。「Huawei」は「MWC2019」で折りたたみ式を採用した機種を発表へって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」初となる「折りたたみ式」を採用した機種は「5インチ」のディスプレイを複数搭載している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「5インチ」ディスプレイを複数搭載に。

Samsungは来年の2月に開催が予定されている「MWC2019」において、「折りたたみ式」を採用した「Galaxy F」を採用する可能性が高いと予測されており、最大の「ディスプレイサイズ」は「7.3インチ」になるとされている一方で、今回の情報によると、先日までの情報通り、「Huawei」の「折りたたみ式」を採用した機種は「8インチ」になるとしています。

また「Galaxy F」が一つあたりの「ディスプレイサイズ」が「4.6インチ」になると予測されている中、「Huawei」の折りたたみ式を採用した機種は「5インチ」以上のディスプレイを複数搭載している可能性が高いとしています

一般的には、最大限にディスプレイを広げている状態を「タブレットモード」と呼んでいますが、この「タブレットモード」で使うシーンは、特に外出時においては限定されてくると考えることができます。つまり、多くの場合は、折りたたんだ状態で使うことが多くなるため、一つあたりのディスプレイサイズが大きければ大きいほど使いやすくなると考えることができます。

また先日には「Huawei」は「折りたたみ式」を採用した機種の特許を申請したことが判明しており、この特許に基づいて作成されたレンダリング動画も公開されています。きになる方はチェックしてみて下さい。

「Galaxy F」は、初回生産が「100万台」を超えると予測されていることからも、「グローバル」展開になる可能性がかなり高いと考えることができますが、一方で「Huawei」に関しては、どの程度の規模感で展開するのか非常にきになるところです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧