• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 悪魔のような超高精細なディスプレイを。「Galaxy Note10」はやはり「4K OLED」を搭載かもって話。

悪魔のような超高精細なディスプレイを。「Galaxy Note10」はやはり「4K OLED」を搭載かもって話。

先日の情報からも、来年の後半に登場が予測されている「Galaxy Note10」は、「Galaxy Note」シリーズ最後のモデルになると予測されており、来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy S10」シリーズと同様に、フルスクリーンデザインを採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10」と同様にフルモデルチェンジへ。「Galaxy Note10」は「6.7インチ」の大型ディスプレイを搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、来年の初頭に登場する次期「Galaxy S10」シリーズへの採用は間に合わないとしながらも、次期「Galaxy Note10」に対しては、現行のリチウムイオン電池と比較して最大「5倍」の充電速度を実現することができる次世代のバッテリーを搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy Note9」より5倍の速度で充電が可能に。「Galaxy Note10」は超急速充電に対応かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy Note10」は、悪魔のような超高精細な「6.7」インチディスプレイを搭載する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


悪魔のようなディスプレイを。

 

さて今回の情報によると、先日までの情報通り、「Galaxy Note10」は「6.66インチ」の「4K OLED」ディスプレイを搭載すると報告しています。現在ではSONYの「Xperia」が唯一表示解像度「4K」に対応していますが、ついに「Galaxy」がこの領域に到達することになります。「4K」の表示解像度に対応するからこそ、より高速な充電に。そして大型バッテリーを搭載するために「イヤホンジャック」が廃止になると考えることができます。詳細は「より大型のバッテリーを搭載するために。「Galaxy Note10」は「イヤホンジャック」をついに廃止へって話。」をご参照下さい。

また今回の情報では、「4K OLED」を搭載する以外の情報がありませんが、先日の情報からも「有機ELディスプレイ」としては初となる「120Hz」に対応する可能性が高く、より滑らか画面表示が可能になると考えることができます。詳細は「「Galaxy」史上最も画期的なディスプレイを搭載に。「Galaxy Note10」は「120Hz」の「有機ELディスプレイ」を搭載にって話。」をご参照下さい。

さらに今回の情報では、「snapdragon8150」を搭載し、「5G」に対応し、さらに「Galaxy S10」シリーズと同様に「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されていることからも、やはり大まかなスペックに関しては、上期に発表される「Galaxy S10」シリーズから踏襲されると考えることができます。

先日の情報からも「Galaxy Note10」は「Galaxy Note」の集大成になると予測されています。現行の「Galaxy Note9」でも十分に完成度が高い中、「Galaxy Note10」はいよいよ恐ろしいことになりそうですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧