• HOME
  • ブログ
  • Pixel
  • Googleもついに「エントリーモデル」を追加に。「Google Pixel3 Lite」のスペックが明らかにって話。

Googleもついに「エントリーモデル」を追加に。「Google Pixel3 Lite」のスペックが明らかにって話。

日本で初の「Pixel」シリーズとなった「Google Pixel3」シリーズですが、「ドコモ」と「ソフトバンク」のキャリアモデルが用意された一方で、国内版の「SIMフリー」モデルが用意されており、この「国内版SIMフリー」モデルは、「おサイフケータイ」に対応するなど、Googleが日本市場に対してかなり本気であることを確認することができます。詳細は「いよいよ発売開始。「Google Pixel3」の即日購入は国内/海外版SIMフリーモデルがおすすめって話。」をご参照下さい。

一方で、かなり高価な価格設定となっている「Google Pixel3」と「Google Pixel3 XL」ですが、だいぶ前からの情報として、「エントリーモデル」が追加されるとの情報がありませんでした。ただ、具体的なリーク情報がないなど、進展がない状態にありました。詳細は「未来を見据えて。Googleが初のミドルレンジ「Pixel」シリーズをインドで展開するかもって話。」をご参照下さい。

さて今回9To5Googleによると、Google初のエントリーモデルである「Google Pixel3 Lite」の実機画像と、詳細なスペックがリークしたと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「エントリーモデル」が追加に。

さて今回リークした「エントリーモデル」である「Google Pixel3 Lite」の実機画像とされるものが上記の画像になります。また今回リークしたスペックを簡単にまとめると以下のようになります。

ディスプレイサイズ
表示解像度 2220×1080(有機ELディスプレイ)
RAM 4GB
ストレージ 32GB
SoC snapdragon710
バッテリー容量 2915mAh
メインカメラ 1200万画素
インカメラ 800万画素

まずデザインから確認すると、「ノッチ」スタイルは採用しておらず、「均一な」ベゼルを採用していることを確認することができます。また「顔認証」などは搭載しておらず、背面に「指紋認証」を搭載しており、今回の情報では言及していませんが、おそらく「ワイヤレス充電」に対応している可能性が低くいと考えることができます。

ディスプレイサイズは明らかになっていませんが、おそらく本体サイズは小型である可能性が高い一方で、正直驚きなのは「Google Pixel3」では「液晶」なのに対して、この「Google Pixel3 Lite」は「有機ELディスプレイ」を搭載している可能性が高いことです。また表示解像度が「FHD」であることも確認することができます。

その他SoC含めて、「エントリーモデル」らしくかなり控えめのスペックになっていますよね。ただ今回の情報によると、「メインカメラ」、「インカメラ」と「ハイエンドモデル」である「Google Pixel3」シリーズと同じ仕様のカメラが搭載されている可能性が高いと予測されています。

少なくとも、「アメリカ」など「Google Pixel3」シリーズが積極的に展開されている地域では販売されず、「インド」や新興市場のために展開する可能性が高いと予測されています。このことを考えると「日本」での展開も厳しそうですよね。それこそ「Google Pixel3」シリーズが日本でどのような反響をみせるか次第ですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧