• HOME
  • ブログ
  • Huawei , Xperia
  • 「Xperia」の2大巨頭「XA2 Ultra」と「XZ1 Compact」を打ち破る刺客に。「Huawei Mate20」の電池持ちは驚異的にって話。

「Xperia」の2大巨頭「XA2 Ultra」と「XZ1 Compact」を打ち破る刺客に。「Huawei Mate20」の電池持ちは驚異的にって話。

先日の情報からも、今年多くの最新機種が発表された中、日本国内で発売された「冬モデル」の「電池持ち」において、海外サイトが行なったバッテリーテストの結果から比較してみると、「電池持ち」が悪いと言われていた「Xperia XZ3」が大健闘している一方で、「Galaxy Note9」が圧倒的な電池持ちを実現していることが判明しています。詳細は「2018年最高の「電池持ち」を実現したのは?比較してみたら「Xperia XZ3」の電池持ちも良かったって話。」をご参照下さい。

一方で日本国内での展開については執筆時点で判然としない「Huawei Mate20」シリーズですが、少なくとも最上位モデルである「Huawei Mate20 Pro」に関しては、公開された「バッテリーテスト」の結果からも「Huawei P20 Pro」や「Galaxy Note9」より悪いことが判明しています。詳細は「むしろ「Galaxy Note9」の電池持ちはいいのでは?「Huawei Mate20 Pro」のバッテリーテストの結果が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei Mate20」の電池持ちが驚異的であることが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


電池持ちが驚異的。

さて今回同サイトが公開した「Huawei Mate20」と、そのほか最新機種との「バッテリーテスト」の結果を比較したものが上記の画像になります。特に今回比較した機種は、歴代の中でも、「電池持ち」がいいとされてきた機種と比較してみました。まず「電池持ち」に関しては、「Huawei Mate20」が圧倒的に1位であることを確認することができます。

「Xperia」史上最も「電池持ち」がいいとされている「Xperia XA2 Ultra」や、「Xperia XZ1 Compact」のスコアを圧倒していることを確認することができます。また一方で、「iPhone」においては、最も電池持ちがいいと評価された「iPhone8 Plus」のスコアを圧倒していることも確認することができます。

「Huawei Mate20」は「4000mAh」と大型バッテリーを搭載していますが、「液晶」を搭載しており、「有機ELディスプレイ」を搭載している機種には「ディスプレイ」の面で考えれば、圧倒的に不利になります。今回の比較対象では「Galaxy Note9」や「iPhone XS Max」が「有機ELディスプレイ」を搭載しています。

そうなってくると、大きな差を生み出している要因の一つに「表示解像度」が強く関係していると考えることができます。やはり表示解像度は「FHD」あたりが、電池持ちとのバランスを考えた場合、最適だと考えることができます。こうなってくると、執筆時点では確認できませんでしたが、「5000mAh」+「有機ELディスプレイ」+「FHD」となっている「Huawei Mate20 X」の電池持ちは驚異的であると考えることができます。

一方で、充電時間に関しても「Huawei Mate20」はかなり健闘していますよね。超高速充電に対応している「Huawei Mate20 Pro」がちょっと早すぎるという結果になっていますが。

先日の情報からも国内シェアで、SONYは抜いて3位になった「Huawei」ですが、今後も「Huawei Mate20」シリーズのように面白い機種をだし続ければ、国内でもより存在感が増すと思います。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧