• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 最上位モデルは想像以上の反響を。「Huawei Mate20 Pro」が「Etoren」で完売にって話。

最上位モデルは想像以上の反響を。「Huawei Mate20 Pro」が「Etoren」で完売にって話。

先日の情報からも、海外サイトが行なった人気アンケートの結果からも、「Huawei Mate20」シリーズの中で、「Huawei Mate20 Pro」が過半数の支持を集めていることが判明しており、さらに「Huawei Mate20 Pro」は徐々にシェアを拡大しつつあるヨーロッパにおいて、事前予約で「Huawei P20 Pro」が打ち立てた新記録を軽々と打ち破っていることからも、かなりの反響があることが判明しています。詳細は「ヨーロッパでも新記録を樹立に。「Huawei Mate20 Pro」は爆発的なヒットにって話。」をご参照下さい。

一方で、一部情報においては、「中国」のキャリア限定の販売になる可能性が高いと予測されていた「Huawei Mate20 Pro」の最上位モデルですが、先日には「Expansys」では展開がないものの、「Etoren」において発売が開始していることが判明していました。詳細は「ついに登場!「Huawei Mate20 Pro」の最上位モデルが「Etoren」で発売開始にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外のSIMフリーモデルを専門に扱うEtorenにおいて、「Huawei Mate20」シリーズが軒並み完売を繰り返していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


想像以上の反響に?

 

さて執筆時点での「Huawei Mate20」シリーズの在庫状況をまとめると以下のようになります。

Huawei Mate20 Twilight Black Green Blue Silver
Mate20 RAM4GB/ROM128GB
RAM6GB/ROM128GB
Mate20 Pro RAM6GB/ROM128GB
RAM8GB/ROM128GB × × ×
RAM8GB/ROM256GB × × × ×
Mate20 X RAM6GB/ROM128GB
RAM8GB/ROM256GB

一時期欠品をしていた「Huawei Mate20 X」ですが、執筆時点では在庫が回復していることを確認することができます。一方で「11月10日」前後から発売を開始した「Huawei Mate20 Pro」の最上位モデルですが、発売開始1週間程度で、すでに完売をしていることを確認することができます。また「RAM8GB/ROM128GB」の上位モデルに関しても人気が集中していることを確認することができます。

少なくとも「ベースモデル」に関しては、確認する限り、欠品は一度もしていないため、それだけ上位モデルを求めていたユーザーが多いと判断することができます。実際に使った感じとしても、今年最高クラスの「Android」機種であることに間違いはありません。詳細は「今年大注目!「Huawei Mate20 Pro」を1日だけ使ってみたのでレビューしてみたって話。」と「完成度は十分に満足。「Huawei Mate20 Pro」を使ってみて感じたデメリットだけまとめてみるって話。」をご参照下さい。

不満に感じていた「ディスプレイ統合型指紋センサー」も「保護フィルム」をはずしたら非常に満足するものになりました。実際使用しているのは「ベースモデル」になりますが、特にRAMに関して不満を感じることはありません。この調子だとベースモデルでさえ、完売する可能性も考えられるので気になる方はぜひチェックして見て下さい。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧