「ゲーム」も「動画」もより快適に。「iPhone XS」と「Galaxy S10」を比較したレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは「指紋認証」に関しては、「ディスプレイ」に統合されることが判明している一方でインカメラに関しては、「ディスプレイ」に統合されず、Samsungが先日正式に発表した「infinity O」を採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「フルスクリーンデザインをお預けに。「Galaxy S10」は「infinity 0」を採用かもって話。」をご参照下さい。

また直近の情報においても、「Galaxy S10」シリーズは、「Galaxy S10 Lite」を含めた「3モデル」構成になっており、さらに共通して「infinity O」を採用する可能性が高いと予測されている中、「フルスクリーンデザイン」に近いデザインを採用することによって、「ディスプレイサイズ」は変わらず、「本体サイズ」が小型化する可能性が高いと予測されています。詳細は「本体が大幅に小型化する可能性も。「Galaxy S10」は「フルスクリーン」を採用でも「ディスプレイサイズ」が現状維持って話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるBenjamin Geskin氏が、自身のTwitterで「iPhone XS」と「Galaxy S10」を比較したレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


レンダリング画像が公開に。

さて今回同氏が公開した「iPhone XS Max」と「Galaxy S10+」を比較したレンダリング画像が上記の画像になります。あくまでもレンダリング画像なので、実際のデザインと多少異なる可能性もありますが、「Galaxy S10+」のほうが、「Edgeスタイル」を採用していることもあり、サイドベゼルもかなり細く、「iPhone XS Max」よりかなりすっきりとした印象を受けます。

また上記の画像は、「ゲーム」をしている時の画像となっていますが、「infinity O」の採用で、インカメラが、本体上部の左側によっていることで、そこまで「インカメラ」があることに違和感を感じません。一方で「iPhone XS Max」に関しては、ずっと言われていますが、やはり違和感がありますよね。

次に「動画」をみている場合を比較したレンダリング画像になります。アスペクト比的には、「iPhone XS Max」のほうがより、映画などに採用されている「21:9」に近いため、いいのですが、何より「ノッチ」が台無しにしています。何より、まだ「iPhone XS」シリーズなど、「ノッチ」を採用している機種に最適化されていないコンテンツが多いですよね。

「ノッチ」を採用している機種への最適化の前に、「ノッチ」スタイルがなくなるという流れのほうが早そうです。あくまでもレンダリング画像の比較になりますが、「Galaxy S10」シリーズでフルスクリーンデザインを採用しないと判明した時はちょっと残念でしたが、「infinity O」であってもかなり動画やゲームに没入することが可能であることを確認することができます。

販売不振だった「Galaxy S9」シリーズと異なり、「Galaxy S10」シリーズはフルモデルチェンジになることからも、かなり人気を集めると考えることができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧