• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • より先進的なカメラを搭載に。「Huawei P30 Pro」はクアッドカメラに光学式10倍ズームに対応かもって話。

より先進的なカメラを搭載に。「Huawei P30 Pro」はクアッドカメラに光学式10倍ズームに対応かもって話。

先日の情報からも、「Huawei」は、来年登場すると予測されている次期「Huawei P30 Pro」において、Android機種としては最高クラスのRAM「12GB」に対応する可能性が高いと予測されており、さらに内部スペックが大幅に強化される可能性が高いとされています。詳細は「世界最高峰のカメラと共に。次期「Huawei P30 Pro」はAndroid史上最高のRAM「12GB」に対応かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy S10」シリーズは、「フルスクリーン」デザインを採用する可能性が高いと予測されている中、先日公開された特許の内容からも、「Huawei」は次期「Huawei P30 Pro」において「フルスクリーンデザイン」を採用する可能性が高いとされています。詳細は「「Galaxy S10」と同様の流れに。「Huawei P30 Pro」もフルスクリーンデザインを採用にって話。」をご参照下さい。

さて今回winFutureによると、「Huawei」は来年に登場する次期「Huawei P30」シリーズにおいて、「クアッドカメラ」を搭載する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


より先進的なカメラを搭載に?

 

さて今回の情報によると、「デュアルカメラ」と「トリプルレンズカメラ」とスマートフォン市場において、先進的なカメラを提供してきた「Huawei」ですが、来年においては、さらにこの先進的なカメラを追求し、「クアッドレンズカメラ」を搭載する可能性が高いとしています。ただ今回の情報ではこの「クアッドレンズカメラ」の詳細には言及していません。

また革新性とは別に、「Huawei」は光学式の「5倍ズーム」や「10倍ズーム」の開発にも着手しており、このどちらかを次期シリーズで採用する可能性が高いとしており、ユーザーをまた驚かすことができると報告しています。

先日の情報からも「Huawei」のリチャードユーCEOを「Huawei Mate20 Pro」に搭載されている「トリプルレンズカメラ」で世界最高峰の品質を実現していることからも、無理に「レンズ」の数を増やすことはしないとしており、さらに「高性能のカメラセンサー」を搭載することによって、より本体価格が上昇することに懸念を示しているとしていました。詳細は「最高の「カメラ」は「Huawei P」シリーズに。最高の「体験」は「Huawei Mate」シリーズにって話。」をご参照下さい。

このことからも、本体価格をそこまで上げることなく、「4つ」目のカメラを搭載する研究が順調に進んでいると考えることができます。少なくとも執筆時点ではDxOMarkは「Huawei Mate20 Pro」のカメラの評価を公表していません。このことからも「Huawei P20 Pro」の独壇場となっています。正直カメラレンズの数に関係なく、今後「Huawei」を超えるカメラの登場はほとんど期待できないと考えることができます。

それくらい「Huawei」の独壇場となっています。来年登場する「Huawei P30 Pro」以降のハイエンドモデルにおいて、どのような驚きを提供してくれるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧