• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • 結構な勢いでどんどん割引に。「Xperia XZ3」がすでに2割引程度で販売されているって話。

結構な勢いでどんどん割引に。「Xperia XZ3」がすでに2割引程度で販売されているって話。

先日の情報からも、辛辣な評価を下すサイトであるXDAにおいて、「Xperia XZ3」の「Edgeスタイル」は「Xperia XZ2」と比較してもマイナス評価だとしていますが、一方で、「デザイン」に関しては、「完璧に仕立てたタキシード」であると「Xperia XZ3」の「ブラック」モデルに関しては大絶賛していることが判明しています。詳細は「まさに「完璧に仕立てたタキシード」。辛辣な評価サイトが「Xperia XZ3」のデザインを大絶賛しているって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia XZ3」はいよいよ「国内」でも発売が開始しており、特に「ドコモオンラインショップ」においては一部カラーが予約時点で完売に。そして発売直後においてもさらに一部カラーで完売するなど、「Xperia XZ premium」以来の反響を見せている可能性が高いと考えることができます。詳細は「売れ行きは非常に順調な可能性も。ドコモオンラインショップでまた「Xperia XZ3」が完売したって話。」をご参照下さい。

さて今回海外のSIMフリースマートフォンを専門に扱う「Etore」や「Expansys」において、早くも「Xperia XZ3」が大幅な値引きになって販売されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


徐々に値引率が高くなっている。

 

さて執筆時点での「Expansys」や「Etoren」の「Xperia XZ3」の販売価格をまとめると以下のようになります。

Xperia XZ3 販売開始時の価格 現在の価格 値引率
Etoren 10万6000円 9万800円 14%
Expansys 9万4640円(税込9万9182円) 8万7505円(税込9万1705円) 8%

SIMフリーモデルはだいたい「10月上旬」に発売を開始していることからも、発売を開始して、約1ヶ月程度で、「14%」割引になっていると考えることができます。少なくとも執筆時点での価格においては「Expansys」のほうが送料込みで考えると安いです。またどちらにせよ、国内モデルの本体価格よりは安いです。

おサイフケータイなど日本独自機能以外で、「国内モデル」と「SIMフリー」モデルの大きな違いは「RAM」にあります。SIMフリーモデルに関してはRAM「6GB」となっている一方で国内モデルに関してはRAM「4GB」となっています。正直、日常使う上では、このRAMの差を実感することはほとんどないと思いますが、マルチタスク機能を多用すればするほど、その差を実感する可能性が高いです。

「Xperia XZ3」は今年の冬モデルが高すぎることもあるせいか、コストパフォーマンスに非常に優れており、さらに歴代「Xperia」の中でもかなり完成度が高いと考えることができます。ちなみに先日には「Xperia XZ3」を購入するメリットをまとめてみたので、詳細は「いよいよ発売開始!「Xperia XZ3」を購入するべき3つの理由って話。」をご参照下さい。

持ちやすさにおいても、本体の重さ以上によく、さらに「アンビエントフロー」のおかげで、非常に手にフィットします。先日の情報からも来年の初頭に登場が予測されている「Xperia XZ4」で新シリーズに移行すると予測されています。そうなってくると、「Xperia Z」シリーズの時とは違い、「Xperia X」シリーズの集大成は、非常に完成度が高い機種で無事に終焉を迎えることができそうですね。今後の売れ行きに要注目です。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧