• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 「Huawei Mate20」と同様のデザインを採用に。次期「Galaxy A」シリーズは「infinity U」を採用にって話。

「Huawei Mate20」と同様のデザインを採用に。次期「Galaxy A」シリーズは「infinity U」を採用にって話。

先日の情報からも、Samsungが開催した開発者会議において、長らく噂されてきた「Galaxy F」のプロトタイプ式を公開し、「android」が「折りたたみ式」の機種に対応していることが正式に判明し、さらに「Galaxy F」のデザインがある程度判明したことになります。詳細は「ついに「Galaxy F」をチラ見させた?Samsungが新しいUIである「infinity Flex」を発表したって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、Samsungは来年以降登場する次期「Galaxy」シリーズに採用されるデザイン言語が公開されており、長らく採用を拒否し続けてきて「ノッチ」スタイルをついに「Galaxy」が採用する可能性が高いことが判明しています。詳細は「Samsungもついに「ノッチ」スタイルを採用へ。次期「Galaxy S10」シリーズは新しい「infinity」言語を採用にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy A」シリーズは「infinity V」と「infinity U」を採用する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


ついにノッチスタイルを採用に。

さてまず上記の画像は、リーカーとして非常に有名なBenjamin Geskin氏が公開した次期「Galaxy」のデザイン言語をレンダリング化したものによります。同氏によると「infinity V」と「infinity U」が「Galaxy A70」と「Galaxy A90」に採用されている可能性が高いとしています。

「Galaxy A70」と「Galaxy A90」の名称からも、「Galaxy A7」シリーズと「Galaxy A9」シリーズの最上位モデルになる可能性が高いと予測しています。「infinity V」と「infinity U」ともいわゆる「水滴型」のノッチスタイルとなっており、「Huawei Mate20」シリーズと同様のデザインを採用することになります。

少なくとも「Huawei」と比較した場合、同じく「ミドルレンジモデル」に「水滴型」のノッチスタイルを採用することになり、ここで重要になってくるのが、「ハイエンドモデル」のデザインです。先日の情報から「Galaxy S10」シリーズは、「インカメラ」と「指紋認証」を搭載した「フルスクリーンデザイン」を採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「技術革新を大きく牽引へ。次期「Galaxy S10」は「カメラ」と「指紋認証」を「ディスプレイ」に統合へって話。」をご参照下さい。

このことを考えれば、「New infinity」が採用される可能性が高いと考えることができますが、先日公開された「Galaxy S10」シリーズのレンダリング画像においては、「インカメラ」の部分だけ「ノッチ」スタイルになっている「ピアス式」が採用されている可能性が高いとされています。詳細は「近未来的なデザインを採用に。「Galaxy S10」の超精細なレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

このことからも、「New infinity」」とも一致しないことになります。ただ少なくとも次期「Galaxy」シリーズはこの4つのデザイン言語が採用されることになり、「infinity V」と「infinity U」がミドルレンジモデルで「New infinity」と「infinity O」がハイエンドモデルの採用になるのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧