• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 基調講演でヒントが?次期「Galaxy S10」シリーズは「5色」展開の可能性がって話。

基調講演でヒントが?次期「Galaxy S10」シリーズは「5色」展開の可能性がって話。

先日の情報からも、Samsungは来年登場が予測されている「Galaxy S10」シリーズにおいて、重要な設計変更をもたらすことを示唆しており、さらに「ディスプレイ」に「指紋認証」と「インカメラ」が統合されると予測されていることからも、フルモデルチェンジになる可能性が高いと予測されています。詳細は「「非常に重要な」設計の変更を。次期「Galaxy S10」シリーズはデザインが大きく変更されるかもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも一部情報にあったように「Galaxy F」との競合を避けるために、「Galaxy S10」シリーズは来年の「1月」に発表される可能性が高いと予測されていましたが、直近の情報においては、「Galaxy S10」シリーズは、来年の「2月」下旬に開催が予定されている「MWC2019」において正式発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「IFA2018のようにはいかない?Samsungは「MWC2019」で「Galaxy S10」を発表し、「Xperia XZ4」へ真っ向勝負へって話。」をご参照下さい。

さて今回All About Samsungによると、先日開催されたSamsungの開発者会議において、次期「Galaxy S10」シリーズの本体カラーについてのヒントがあったことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。


基調講演にヒントが?

 

さて今回の情報によると、Samsungが先日開催した基調講演において、次期「Galaxy S10」シリーズにおける本体カラーのヒントがあったことを報告しています。上記の画像は、Samsungが次期「Galaxy」のデザインを説明している画像になります。まず次期「Galaxy S10」シリーズにおいては、よりシームレスなデザインになる可能性が高いことを示唆しています。

一方で「本体カラー」に関しても上記の画像から「ホワイト」、「シルバー」、「ブラック」、「ブルー」そして「ピンク」を確認することができます。少なくとも、次期「Galaxy S10」シリーズの本体カラーを直接示唆しているとは思えませんが、少なくとも見当違いのカラーをこのプレゼンテーションで採用する必要性はありません。

また先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズのリークしている本体カラーとほぼ一致しており、強いて言うなら、ここに「グリーン」が追加され「6色」展開になることくらいでしょうか。詳細は「Galaxy S6 Edge」以来の「エメラルドグリーン」が復活に。次期「Galaxy S10」シリーズは6色展開にって話。」をご参照下さい。

このことからも大方次期「Galaxy S10」シリーズの本体カラーをさしていると考えることもできます。ただもちろん、「Galaxy S10」シリーズの発表と同時、この5色が発表される可能性は低く、直近では「Galaxy Note9」の「ホワイト」や「シルバー」のように後々に地域限定で展開する可能性が高いと考えることができます。

日本においても「Galaxy S10」シリーズは展開される可能性が高いと考えることができる中、いいところこの中から2色か3色程度でしょうか。今回発売開始したばかりの「Galaxy Note9」においては特に「au」が頑張って「3色」となっています。売れ筋のカラーとは別にたまには奇抜なカラーも採用してほしいところですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧