• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • アスペクト比の変更は確実に?次期「Xperia XZ4」はデザインの変更を示唆するベンチマークがリークって話。

アスペクト比の変更は確実に?次期「Xperia XZ4」はデザインの変更を示唆するベンチマークがリークって話。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」は「フルスクリーンデザイン」を採用する可能性があると予測されている一方で、デザインコンセプトである「アンビエントフロー」に関しては変更がない可能性が高いと予測されています。詳細は「デザインの刷新はならず。次期「Xperia XZ4」の「指紋認証」の搭載位置は背面湾曲部分にって話。」と「デザインは「Xperia XZ3」のほうが洗練されている?「Xperia XZ4」のプロトタイプがリークかって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報においては、次期「Xperia XZ4」は「X」シリーズの原点である「Xperia X」と似たようなデザインを採用する可能性が高いと予測されており、「アンビエントフロー」とは大きく異なり、フラット形状がメインとなるデザインを採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「「X」の最終章は「オムニバランス」を完成形に。次期「Xperia XZ4」はフラットデザインに大型バッテリーが搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Xperia Blogのコメント欄において、次期「Xperia XZ4」のアスペクト比の変更を示唆したベンチマークスコアが投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


アスペクト比の変更は確実に?

 

さて今回同サイトのコメント欄において投稿されていたベンチマークスコアの画像が上記の画像になります。今回判明したベンチマークにおいて、確認できることは、まず「Android9.0」を搭載していること。そしてモデル番号が「I9146」であること。そしてスクリーンサイズが「346×788」であることを確認することができます。

モデル番号に関しては「Ixxxx」となっていることからも「2019年」に登場する次期「Xperia」であり、さらに「9xxx」となっていることからも「ハイエンドモデル」である可能性が非常に高いと考えることができます。つまりこのことからも次期「Xperia XZ4」である可能性が高いと考えることができます。

そしてスクリーンサイズに関しては、アスペクト比に変更すると、「20.5:9」になります。先日の情報からも、来年登場する次期「Xperia」の多くは「アスペクト比21:9」を採用すると予測されていますが、まさに今回の情報と一致していると考えることができます。詳細は「SONYが理想とする「アスペクト比」を実現に。次期「Xperia XZ4」はディスプレイの強化が計り知れないって話。」をご参照下さい。

このことからも、今回のベンチマークと事前情報を考慮すれば、次期「Xperia」でのデザイン変更は必須だと考えることができます。ちなみに「Xperia XZ2」では「アスペクト比18:9」を採用しており、さらに「Xperia XZ3」では「アスペクト比18.5:9」に変更されて、ベゼル含めてかなり印象が変わりましたが、次期「Xperia XZ4」ではさらに大きく印象が変わると考えることができます。

先日の情報からも、Sonyは来年開催されるMWC2019において、新しい方向性を示すと発言しています。詳細は「国内シェアが大幅に減少でついに「Huawei」にも抜かれた。SONYは「Xperia XZ4」で新シリーズに移行へって話。」をご参照下さい。このことからも新シリーズへの移行とともに、刷新されたデザインを採用してくる可能性が高いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧