「Edgeスタイル」の最高峰は?「Xperia XZ3」・「Galaxy Note9」・「Huawei Mate20 Pro」比較してみたって話。

いよいよ「Google Pixel3」と「Google Pixel3 XL」が国内で発売を開始したことによって、今年の冬春モデルは一通り発売を開始したことになります。あとは今月末にイベントを開催する可能性が高い「Huawei」の「Huawei Mate20 Pro」くらいでしょうか。ただ現時点では「キャリア」が展開するか判然としない状況にあります。ちなみに今年の冬モデルに関しては「今年の冬モデルはどれがオススメ?「Galaxy Note9」「Xperia XZ3」など価格・スペック比較してみた。」をご参照下さい。

一方で、スマートフォンを日常使う上で、かなり重要視されるのが電池持ちになります。なので、先日には今年発売を開始している冬モデルの「電池持ち」をまとめてみたところ、「Galaxy Note9」が「iPhone XS」シリーズなどを抑えて最も電池持ちがいいことが判明しています。詳細は「2018年最高の「電池持ち」を実現したのは?比較してみたら「Xperia XZ3」の電池持ちも良かったって話。」をご参照下さい。

さて今回持ちやすさに貢献している「Edgeスタイル」を採用した「Xperia XZ3」や「Galaxy Note9」そして「Huawei Mate20 Pro」を比較してみたいと思います。


スペックの比較。

 

さてまず今回の比較対象である左から「Huawei Mate20 Pro」、「Galaxy Note9」、そして「Xperia XZ3」の画像を比較したものが上記の画像になります。どの機種も共通して「サイドフレーム」が細くて洗練されていることを確認することができます。一方で改めて確認すると「カメラ」の出っ張りに関しては、「Xperia XZ3」が「アンビエントフロー」を採用していることもあり唯一出っ張りがありません。

スペック Huawei Mate20 Pro Galaxy Note9 Xperia XZ3
ディスプレイサイズ 6.4インチ 6.4インチ 6.0インチ
表示解像度 QHD+(3120×1440) QHD+(2960×1440) QHD+(2880×1440)
画面占有率 87.78% 83.51% 80.67%
メインカメラ 40MP+20MP+8MP 12MP+12MP 19MP
インカメラ 24MP 8MP 13MP
本体サイズ 157.8×72.3×8.6mm 161.9×76.4×8.8mm 158x73x9.9mm
重さ 189g 201g 193g
Soc Kirin980 snapdragon845 snapdragon845
RAM 6/8GB 6/8GB 4/6GB
ROM 128/256GB 128/512GB 64GB
バッテリー 4200mAh 4000mAh 3330mAh
充電方式 ワイヤレス充電 ワイヤレス充電 ワイヤレス充電
防水・防塵 IP68 IP68 IP68
生体認証 指紋/顔 指紋/顔/虹彩 指紋

単純にカタログスペック上で比較してしまうと、「Huawei Mate20 Pro」のスペックが圧倒的となります。同じく「Edgeスタイル」を採用しているため、持ちやすくなっていますが、「本体サイズ」と「重さ」を考えた場合、「Huawei Mate20 Pro」が圧倒的になります。

実際に3機種持った感じとしては、「Huawei Mate20 Pro」と「Xperia XZ3」は持った感覚が似ており、やはり「Xperia XZ3」のほうが重く感じます。どうしても主観になってしまいますが、この中では「Galaxy Note9」が劣ります。

一方でディスプレイに関しては、どのディスプレイも「有機ELディスプレイ」を搭載してるため、発色が非常に鮮やかですけど、特に「Xperia XZ3」は「黒」が非常に美しくみることができます。ただ、「Huawei Mate20 Pro」と比較すると、「6.0インチ」の割には、本体サイズが大きいと印象を受けます。

ストレージにおいては「Xperia XZ3」が圧倒的少なすぎです。いくら「SDカード」で最大「512GB」に対応しているとはいえ、今は「SIMカードトレイ」と「SD カードトレイ」が一緒になっていることが多く、「SD カード」の交換の度に、電源を落とす必要性があるのは正直ナンセンスです。また「RAM」に関しても、ちょっと少ないですよね。

冒頭でも記述しましたが、「電池持ち」に関しては、「Galaxy Note9」が優れていますが、「バッテリー容量」と「充電スピード」に関しては「Huawei Mate20 Pro」のほうが上です。その分「電池持ち」が悪くてもイーブンといったところでしょうか。

単純にスペックを比較しても、実際の使用感が異なるため正直意味がないのかもしれません。ただ機種を選定する上ではかなり重要な指標になります。あかくまでも個人的な意見になりますが、今まで様々な機種を使ってきましたが、「Huawei」がかなり使いやすいと感じます。実際に手元に「Galaxy Note9」もありますがそう思います。

そして「SIMフリーモデル」を購入した際、最初の初期設定は面倒です。特に「Xperia」に関しては、初期設定を完了したあとでないと、「言語設定」を変更できないので尚更です。この辺は「Galaxy」と「Huawei」は最初に言語設定が選択できるので非常に楽です。

昔と違って、今の「Android」機種はだいぶ面白みがましてきました。その中で、特に今年においては「Huawei Mate20 Pro」が頭一つ抜けている印象があります。国内販売が楽しみですね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧