• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • 今年の注目は「iPhone XS」ではない?安くなった「iPhone8」と「iPhone X」が在庫あるうちは狙い目って話。

今年の注目は「iPhone XS」ではない?安くなった「iPhone8」と「iPhone X」が在庫あるうちは狙い目って話。

9月下旬にAppleはイベントを開催し、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」そして「iPhone XR」と今年は3つの新型「iPhone」を正式に発表し、「10月下旬」に「iPhone XR」が発売を開始したことによって、市場に出揃ったことになります。詳細は「今年大本命がついに発売を開始。「iPhone XR」の在庫状況をまとめてみたって話。」をご参照下さい。

一方で新機種の登場によって、改めて注目を集めるのが旧機種になり、先日の情報からも、ドコモオンラインショップにおいて、すでに終売が確定している「iPhone X」が破格の価格で販売されるなど、毎年恒例と言えば、恒例ですが、旧機種の需要が大きく高まります。詳細は「ドコモオンラインショップで大幅値引きに。「iPhone X」に「Xperia XZ1」が実質1万円で購入可能にって話」をご参照下さい。

さて今回ドコモオンラインショップにおいて、「iPhone XS」シリーズや「iPhone XR」の登場によって旧機種となった「iPhone8」シリーズなどの在庫状況や価格について改めてまとめたいと思います。


在庫状況は?

 

さて執筆時点での「ドコモオンラインショップ」で製品ページが存在している「iPhone」の旧機種について簡単にまとめると以下のようになります。

機種名 在庫状況 予約可否
iPhone X 64GB ×
256GB × ×
iPhone8 Plus 64GB × ×
256GB × ×(シルバーは販売終了)
iPhone8 64GB × ○(RED以外)
256GB × ×(シルバー/グレイは販売終了)
iPhone7 32GB × ×(ローズゴールド/ゴールド/シルバーは販売終了)
iPhone SE 32GB × ×(グレイ/シルバー/ローズゴールドは販売終了)
iPhone6s 32GB

基本は「9月」に新たに「docomo with」の対象に加わった「iPhone6s」以外は「在庫なし」の状態となっています。また「販売終了」と表記と、「入荷予定未定」の2つの表記があることを考えれば、「入荷予定未定」の商品は今後入荷する可能性があると考えることができます。

そして執筆時点で予約が可能となっている「iPhone X」と「iPhone8」の「64GB」の価格をまとめると以下のようになります。

機種名 本体価格 割引サポート 実質負担金
iPhone8 機種変更 8万8776円 6万9336円 1万9440円(810円×24回)
新規 8万8776円 6万9336円 1万9440円(810円×24回)
MNP 8万8776円 7万8408円 1万0368円(432円×24回)
iPhone X 機種変更 12万5064円 7万4520円 5万0544円(2106円×24回)
新規 11万9880円 7万4520円 4万5360円(1890円×24回)
MNP 12万5064円 10万9512円 1万5552円(648円×24回)

「MNP」に限って見れば、「iPhone X」も「iPhone8」も実質負担金はほぼ一緒です。ただ端末購入サポートの商品になるため、最低でも1年以上使わないと地味に痛い違約金が発生しますが。特に狙い目なのは、「iPhone8」でしょうか。「64GB」と容量はちょっと心もとないですが、少なくとも「iPhone X」シリーズに以降し、さらに「iPhone SE」が終売になったことで、実質最後の「Touch ID」を搭載した小型モデルになります。

金額的にも十分魅力的ですよね。何よりまだ発売してから一年しか経過していないので。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧