• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「5G」の本命は「Xperia XZ5」以降に。「Xperia XZ4」シリーズはあくまでも「5G」に対応する最初の「Xperia」にすぎないって話。

「5G」の本命は「Xperia XZ5」以降に。「Xperia XZ4」シリーズはあくまでも「5G」に対応する最初の「Xperia」にすぎないって話。

先日の情報からも、例年であれば、MWC以降にキャリアと国内モデルに関して協議を開始するとされている中、早くも「SONY」は「ドコモ」と協議を開始していると予測されており、このことからも例年より早い段階で次期「Xperia XZ4」が登場する可能性が高いと予測されています。詳細は「SONYがドコモと再び強力なタッグを。「Xperia XA3」と「Xperia XZ4」を1月に正式発表へって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、来年の初頭には「Xperia XZ4」とミドルレンジモデルになると予測されている「Xperia XZ4 Compact」そして下期には「Xperia XZ5」と「Xperia XZ5 premium」と来年も「Xperia XZ」シリーズが継続する可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia XZ」シリーズは2019年も継続に?「Xperia XZ5 premium」が「XZ」シリーズの集大成へって話。」をご参照下さい。

さて今回先日開催されたドコモの決算発表会において、今後の「5G」の展開について言及しており、「Xperia XZ4」は「5G」に対応しても、そのほとんど恩恵を受けることがない可能性があることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


恩恵を受けることはほとんどない。

 

さて今回、ドコモが今後の「5G」の展望について発表しており、上記の画像からも、まず「5G」の「プレサービス」が開始するのが「2019年9月」であることを確認することができます。その上で本格始動するのが「2020年」の春頃としています。つまり当初の予定通り、「東京オリンピック」までに開始することを目標としていると考えることができます。

今回の情報では、「プレサービス」がどの範囲で、どのようなこと・ものを「対象」としているのか判然としません。つまり一般ユーザーが「プレサービス」中は全く恩恵を受けない可能性が考えられます。

一方で、「2019年9月」から開始ということは、「IFA2019」が開催された後であり、「5G」の恩恵を享受できるとしても来年の下期に登場する、順当に行けば「Xperia XZ5」シリーズ以降になると考えることができます。

先日の情報からも、SONYは他社への牽制も含めて「5G」に対応した機種を一刻も早く発表するためにQualcommと協議をしているとされていますが、やはり「snapdragon855」を搭載したとしても、ユーザーに恩恵がないのであれば、アピールポイントにはなりません。また先日には「snapdragon855」を搭載した機種が発表されており、さらに「5G」に限っては「Huawei Mate20 Pro」や「Xiaomi Mi MIX3」が対応していることが判明しています。

正直こうなってくると、「5G」に対応することによる希少度もなく、さらに恩恵を受けることもないと考えることができます。次期「Xperia XZ4」は「フルモデルチェンジ」になると予測されていますが、デザインの刷新がそこまで期待できないのであれば、本命は「Xperia XZ5」になると考えることができます。

先日の情報からも、サプライヤーの問題なのか、世界初の4K OLED」に対応した「Xperia XZ5 premium」は早くても来年の7月以降の登場になると予測されています。SONYが狙っているのかどうか判然としませんが、「Xperia XZ5 premium」の登場はまさに最高のタイミングなりそうですね

そして逆に考えれば、「Xperia XZ3」と「Xperia XZ4」で購入を迷っているのであれば、「4G」にはしっかり対応しており、さらに「有機ELディスプレイ」や「Edgeスタイル」を採用している「Xperia XZ3」のほうが狙い目だと考えることができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


via ITmedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧