• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 魅力的なスペックを搭載に。「Huawei Mate20 Pro」を購入する前に確認すべき10個の機能って話。

魅力的なスペックを搭載に。「Huawei Mate20 Pro」を購入する前に確認すべき10個の機能って話。

先日の情報からも、「4200mAh」と大型バッテリーを搭載した一方で、「表示解像度」が「Huawei P20 Pro」から向上したことが影響しているのか、「Huawei Mate20 Pro」は「4000mAh」を搭載している「Galaxy Note9」より電池持ちが悪いことが判明しています。詳細は「むしろ「Galaxy Note9」の電池持ちはいいのでは?「Huawei Mate20 Pro」のバッテリーテストの結果が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日海外サイトが行なった「ディスプレイテスト」の結果からも、「Huawei Mate20 Pro」に搭載された「有機ELディスプレイ」は今年最も注目と評価を獲得している「Xperia XZ3」より、特に「日光」時におけるコントラストが非常に優れていることが判明しています。詳細は「最高評価の「Xperia XZ3」以上の「有機ELディスプレイ」を。「Huawei Mate20 Pro」は明るく鮮やかなディスプレイを搭載にって話。」をご参照下さい。

さて今回MySmartPriceが、「Huawei Mate20 Pro」の知っておくべき「10個」の素晴らしい機能をまとめていることが判明したので簡単にご紹介したいと思います。


10個の注目すべき機能。

 

さて今回同サイトが素晴らしいと評価している「10個」の機能をまとめると以下のようになります。

スペック 評価すべき点
2Kの表示解像度 画面占有率が「87.9%」であること。「HDR10」に対応していること。
ディスプレイ統合型指紋センサー 従来の「指紋認証」より最大30%高速化していること。
Kirin980 AI機能の強化。さらに「Android」最高の処理性能。
トリプルレンズカメラ 世界最高のカメラを実現に。
4200mAhのバッテリー 最大「40W」で30分で「70%」の充電が可能に。
リバース充電 スマホをスマホで充電できるユニークの新機能。
IP68 ようやくトップクラスの防水・防塵機能を実現に。
3D顔認証 ドットで約3万点を認識。さらに赤外線利用でセキュリティアップ。
プロジェクション ワイヤレスで利用が可能に。
Android9.0 EMUI9.0でインターフェイスが大幅にに変更。

簡単にまとめると以上にようになります。特に「ディスプレイ統合型指紋センサー」は、従来であれば「液晶」に搭載している機種はありましたが、一方で「有機ELディスプレイ」としては「Huawei Mate20 Pro」が初となります。また「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載すると、従来の「指紋認証」より遅くなる中、「Huawei Mate20 Pro」は最大で「30%」高速化していることを考えれば、かなり高い技術力を持っていると考えることができます。

先日の情報からも、「Huawei Mate20 Pro」は「11月下旬」に国内で、正式に発表されることが確定しており、現時点では「キャリアモデル」に動きが全くないことからも「SIMフリー」モデルとして展開される可能性が高いと考えることができます。その中で、やはり焦点の一つとなるのは「FeliCa」の搭載であり、「Google Pixel3」が対応していることを考えれば、ぜひ「Huawei Mate20 Pro」にも対応してほしいところですよね。詳細は「Googleに次いで日本市場で攻めの展開に。「Huawei Mate20 Pro」は「FeliCa」対応で「12月」に登場かもって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧