• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 超大人気。「Huawei Mate20」シリーズは発売開始僅か8秒で「100万台」売れたって話。

超大人気。「Huawei Mate20」シリーズは発売開始僅か8秒で「100万台」売れたって話。

先日の情報からも、「Huawei」は本家本元である「中国」において、「Huawei Mate20」シリーズを正式に発表しており、この発表において「Huawei Mate20」シリーズの全容量・全価格が明らかになっており、少なくとも中国国内においてはかなりコストパフォーマンスに優れていることが判明しています。詳細は「「Galaxy」や「iPhone」も及ばないコスパの良さ。「Huawei Mate20」シリーズの全価格が判明って話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、一部の容量モデルのみに関しては「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」が発売を開始しており、日本国内でもようやく購入が可能になっているとしています。詳細は「本命はお預けに。「Huawei Mate20 Pro」の一部モデルが「Etoren」で発売開始にって話。」と「いよいよ日本国内でも購入可能に。「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 X」が発売開始にって話。」をご参照下さい。

さて今回MySmartPriceによると、「Huawei Mate20」シリーズは、発売を開始した中国国内において、爆発的なヒットを記録していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


爆発的なヒットに。

 

さて今回の情報によると、「Huawei Mate20」、「Huawei Mate20 Pro」そして「Huawei Mate20 RS」、「Huawei Mate20 X」は、発売を開始して僅か8秒で、「100万台」販売すると、記録的な売上を記録しているとともに、かなりの高評価を獲得しているとしています。

いまた「Huawei」のサイト上では、販売開始後、最大「700万人」がリアルタイムで同時に訪れていたとしており、それだけユーザーの関心度も非常に高かったと考えることができます。ちなみに、「Huawei」は、膨大なアクセスによってサーバーが落ちないようにサーバーの強化を施したとしています。

さらに購入層のデータもとれており、購入者全体の「78.8%」は「男性」が購入しており、さらに購入者全体の「46.7%」は「26〜35歳」までの年齢層が購入していることが判明したとしており、やはり比較的お金を持っている年代かつ、最新機種に興味がある年代の多くが購入していると考えることができます。

先日の情報からも、「Huawei Mate20」シリーズのホームページを見る限り、「ピンクゴールド」に関しては「中国限定」になる可能性が高く、さらにかなり注目度が高い「Huawei Mate20 X」においてもかなり限られた地域のみでしか販売されないことが判明しています。詳細は「日本での展開は絶望的に?「Huawei Mate20/Mate20 Pro/Mate20 X」の展開地域・展開カラー全部調べてみたって話。」をご参照下さい。

アジア圏では「大型ディスプレイ」を搭載しているモデルのほうが人気で、特に先日の情報からも、「Huawei」のCEOが大絶賛している「Huawei Mate20 X」が中国国内でどれだけのシェアを獲得できるのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧