• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9 , Huawei
  • むしろ「Galaxy Note9」の電池持ちはいいのでは?「Huawei Mate20 Pro」のバッテリーテストの結果が公開にって話。

むしろ「Galaxy Note9」の電池持ちはいいのでは?「Huawei Mate20 Pro」のバッテリーテストの結果が公開にって話。

少なくとも「Android」最高の処理性能を実現している「Huawei Mate20 Pro」ですが、最大のライバルであるSamsungの「Galaxy Note9」とよく比較対象とされており、さらに先日には「Huawei Mate20 Pro」と「Galaxy Note9」の比較動画が発表直後に公開されるなど大きな話題を集めています。詳細は「世界一位を奪取するための最高のスペックを搭載して。「Huawei Mate20 Pro」と「Galaxy Note9」の比較動画が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で、「Kirin980」は最高のベンチマークを実現している「A12 Bionic」に勝る可能性があると予測されていましたが、実際に蓋を開けてみれば、遠く及ばず、さらに先日公開された「ベンチマークテスト」の結果において、「snapdragon845」を搭載した「Galaxy Note9」が大健闘していることも判明しています。詳細は「意外と「snapdragon845」でも頑張っている。「Galaxy Note9」は「Huawei Mate20 Pro」とベンチマークで張り合っているって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによって、「Huawei Mate20 Pro」の詳細なレビューの記事を公開しており、バッテリーテストの結果があまり芳しくないことが判明しているので簡単にまとめたいと思います。


バッテリーテストの結果が公開に。

 

さて今回同サイトが公開した「Huawei Mate20 Pro」のバッテリーテストの結果が上記の画像になります。また上記の画像からもトータルスコアが「85H」であることを確認することができます。一方で、同じ「4000mAh」程度のバッテリーを搭載した機種とのスコアを比較すると以下のようになります。

表示解像度 バッテリー容量 トータルスコア
Huawei Mate20 Pro 2K 4200mAh 85
Galaxy Note9 2K 4000mAh 97
Huawei P20 Pro FHD 4000mAh 89
Huawei Mate10 Pro FHD 4000mAh 96

直近の「Huawei」のフラッグシップモデルの中では「Huawei Mate10 Pro」の電池持ちがかなりいいことを確認することができる一方で、「Huawei P20 Pro」で地味に悪化しており、さらに「Huawei Mate20 Pro」でさらに悪化した形になります。すべての機種が「有機ELディスプレイ」を搭載している中で、これだけスコアに差が生じることを考えれば、その要因の一つとして「表示解像度」になります。

普通に考えれば「2K」に対応している「Galaxy Note9」と「Huawei Mate20 Pro」は他の2機種よりも悪くなるのは納得できます。ただ逆に考えれば、「2K」の表示解像度に対応しながらも、トータルスコアを「97」獲得している「Galaxy Note9」はむしろ電池持ちがいいと考えることができます。

先日の情報からも「Galaxy Note9」は「iPhone XS Max」を電池持ちにおいて圧倒していることが判明しています。詳細は「完全に敗北。「Galaxy Note9」は「iPhone XS Max」を電池持ちで圧倒しているって話。」をご参照下さい。そしてむしろ「Huawei Mate20 Pro」は「iPhone XS Max」と同等のバッテリーテストの結果となっていますが、充電速度に関しては、Android機種の中でトップクラスに早いです。

ただ充電速度が速いとしても、できるだけ充電の頻度を減らしたい人にとっては、今年の冬モデルの中では特に「Galaxy Note9」が最もおすすめの機種になると考えることができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧