• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 3モデル構成の「Galaxy S10」シリーズ。「Galaxy S10 Lite」は思ったよりスペックが控えめかもって話。

3モデル構成の「Galaxy S10」シリーズ。「Galaxy S10 Lite」は思ったよりスペックが控えめかもって話。

先日の情報からも、来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy S10」シリーズは、「5G」に対応した特別な「Galaxy S10+」を含めて「4モデル」構成になる可能性が高いと予測されており、さらに「フルスクリーンデザイン」を採用する可能性が高いことからも、本体サイズが小型化する可能性が高いと予測されています。詳細は「10周年を記念する特別モデルにふさわしい。「Galaxy S10+」のレンダリング画像が公開されたって話。」をご参照下さい。

一方で先日Samsungが開催したフォーラムにおいて、「有機ELディスプレイ」に「カメラ」と「指紋認証」を統合する開発が順調であることを公にしていることからも、事前情報通り、次期「Galaxy S10」シリーズは「インカメラ」と「指紋認証」が「ディスプレイ」に統合されている可能性が高いと予測されています。詳細は「技術革新を大きく牽引へ。次期「Galaxy S10」は「カメラ」と「指紋認証」を「ディスプレイ」に統合へって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、次期「Galaxy S10」シリーズの中で、特に「Galaxy S10 Lite」のスペックについて新たに判明したことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。


新たにスペックが判明?

 

さて今回同サイトによると、次期「Galaxy S10」シリーズのスペックについて言及しているので簡単にまとめると以下のようになります。

Galaxy S10 Lite Galaxy S10 Galaxy S10+
ディスプレイ 有機ELディスプレイ 有機ELディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 5.8インチ 5.8インチ 6.3インチ
RAM 4GB 6GB 8/12GB
Edgeスタイル ×
指紋認証の搭載場所 本体側面 ディスプレイに統合 ディスプレイに統合
カメラ シングルカメラ デュアルレンズカメラ トリプルレンズカメラ
通信環境 2G/3G/4G 2G/3G/4G 2G/3G/4G/5G

今回の情報と、今まで判明している情報を組み合わせてみると以上のようになります。特に気になるのは「エントリーモデル」とされている「Galaxy S10 Lite」です。カメラに関してもデザインに関しても「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」と比較すると大幅に差別化されると考えることができます。

これだと「ミドルレンジモデル」のほうがスペックが高いと考えてしまいます。いくら「Galaxy S10 Lite」が「エントリーモデル」扱いとしたとしても、あくまでそれは「Galaxy S10」シリーズの中でって話になります。これだけ低スペックにしてしまうと、よりコスパに優れている「ミドルレンジモデル」を選択したくなりますよね。またユーザーにとっても名称とスペックが一致していないと分かりくいですよね。

先日の情報からも「Galaxy S10」シリーズは、最後の「S」シリーズになると予測されている一方で、「Galaxy」生誕10周年の記念モデルになると予測されています。折りたたみ式を採用する「Galaxy F」と合わせて、Samsungがどのようなラインナップにするのか非常に楽しみですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧