• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 片手操作の集大成は「Xperia XZ3」に。次期「Xperia XA3」はやはり側面に指紋認証を搭載へって話。

片手操作の集大成は「Xperia XZ3」に。次期「Xperia XA3」はやはり側面に指紋認証を搭載へって話。

先日の情報からも、SONYは来年の初頭に開催されるCES2019において、「Xperia XA3」シリーズと「Xperia L3」を正式に発表すると予測されていますが、CADを元に作成されたレンダリング画像からも、デザインが大幅に刷新されることが判明して大きな話題となっています。詳細は「「Xperia Z Ultra」を超えた大型ディスプレイを搭載に。「Xperia XA3 Ultra」のレンダリング画像が公開にって話。」と「「Xperia XA2 Plus」をさらに洗練したデザインを採用へ。「Xperia XA3」のレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で直近の情報では、いまだ「Xperia XA」シリーズの日本での展開はない状態の中、ドコモが「Xperia XA3」と「Xperia XA3 Ultra」を夏モデルとして展開する可能性が高いと予測されています。詳細は「SONYがドコモと再び強力なタッグを。「Xperia XA3」と「Xperia XZ4」を1月に正式発表へって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Xperia XA3」と「Xperia XA3 Ultra」の専用ケースがリークしたことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


専用ケースがリークに。

 

さて今回リークした「Xperia XA3」専用ケースの画像が上記の画像になります。先日リークしたCADをもとに作成されたレンダリング画像と形状が一致しています。少なくとも今回リークした専用ケースにおいても、背面には「デュアルレンズカメラ」が搭載されていることを確認することができます。また本体下部には3つの穴が開いており、少なくとも一つは「USB-C」だと考えることができます。

次に装着した場合のイメージ図が上記の画像になります。まず本体上部には「イヤホンジャック」の穴があることを確認することができます。つまり「ミドルレンジモデル」に関しては、「ハイエンドモデル」と同じく「アスペクト比18:9」を採用していても「イヤホンジャック」を継続採用することができると考えることができます。

また「Xperia XA2 Plus」の例を考えれば、次期「Xperia XA3」や「Xperia XA3 Ultra」も「ハイレゾ」に対応してくる可能性が高いと考えることができます。さらに本体右側側面に穴が開いていることを確認することができます。先日の情報通り、この「穴」の部分に「指紋認証」が搭載されている可能性が高く、さらに従来とは異なり、「背面」に搭載されていないことからも、ほぼ確定的だと考えることができます。

さらにこの「指紋認証」の上の部分が「電源ボタン」で下の部分が「音量調節ボタン」といったところでしょうか。「Xperia XA2」シリーズと「Xperia XZ2」シリーズは、同様に背面に「指紋認証」を搭載してきたことを考えれば、「Xperia XA3」で側面に移動した。つまり「Xperia XZ4」でも側面に搭載される可能性が高いと考えることができます。

そうなってくると、「指紋認証」の搭載位置を含めて「Xperia XZ3」は、「片手」での操作に特化した最後の機種になると考えることができます。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧