• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • ユーザー思いの機能が再び帰ってきた。「Xperia XZ3」は「ダブルタップ」機能が約3年ぶりに復活にって話。

ユーザー思いの機能が再び帰ってきた。「Xperia XZ3」は「ダブルタップ」機能が約3年ぶりに復活にって話。

先日の情報からも、日本で間も無く発売を開始する「Xperia XZ3」ですが、近年発売された「Xperia」の中でも特段に評価が高く、IFA2018で「Xperia XZ3」は15個の賞を獲得するなど、発表された新機種の中では、かなり注目度が高かったことが判明しています。詳細は「「有機ELディスプレイ」の搭載は「Xperia」の歴史を変えた。「Xperia XZ3」は賞を総なめしているって話。」をご参照下さい。

一方で、いよいよSONYが力を入れている市場に一つである「中国」において、「Xperia XZ3」が発売開始になりますが、当初の想定より大きく反響が大きいのか、すでに初回出荷分に関しては完売になるなど、明るい兆しを見せている一方で、早くも「SIMフリー」モデルの価格が下落していることも判明しています。詳細は「想定以上に海外では人気。「Xperia XZ3」の初期在庫は完売へって話。」をご参照下さい。

さて今回Xperia Blogによると、「Xperia XZ3」では、懐かしの機能の一つである「ダブルタップ」機能の一部が復活していることが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


ダブルタップ機能が復活に。

 

さて今回の情報によると、一部制限がある状態で「ダブルタップ」機能が「Xperia XZ3」で復活していることが判明したとしています。上記の画像のように、「ambient display」の項目内にある「Smart activation」を「オン」にすることで、有効化することが可能になるとしています。

「通知」画面などダブルタップすると、「ダブルロック画面」が表示され、もう一度「タップ」することによって、開くことが可能になっているとしています。なので、「Xperia XZ」まであった「スリープ状態」での「ダブルタップ」機能はまだ完全に復活していないと考えることができます。

ただ「Xperia XZ3」は「6.0インチ」と歴代「Xperia」の大型「ディスプレイ」を搭載したこともあるせいか、「サイドセンス」など、片手操作での機能をより強化しており、さらに「Xperia XZ3」の動作に最適化するように、「Google assistant」にも独自カスタマイズがされていることが判明しています。詳細は「SONYが「Xperia」の大きな欠点の修正を開始に。「Xperia XZ3」はSONYとGoogleが共同開発した独自機能を搭載へって話。」をご参照下さい。

一方で、「片手モード」を想定した上で「指紋認証」が搭載されているとしており、普通にもつと、かなり低い位置に「指紋認証」が搭載されているのが「Xperia XZ2」から不評を集めていたのに「Xperia XZ3」で改善されなかったのは非常に惜しいところの一つでもあります。詳細は「SONYの優しさが裏手に出てしまった。「Xperia XZ2」の指紋認証の位置が低いのは片手操作を優先するためって話。」をご参照下さい。

今年発表された「ハイエンドモデル」の多くは「6.1インチ」以上のディスプレイを搭載しており、ディスプレイの大型化は今後より進行すると考えることができます。本体の持ちやすを「Galaxy」や「Huawei」は「Edgeスタイル」を採用することによってアピールしていますが、「Xperia XZ3」はさらに片手での操作を意識したOSの改良を施しているのは、やはり手が小さい日本人にとっては、非常にありがたい配慮ですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧