• HOME
  • ブログ
  • iPad
  • 小型モデルの唯一の希望。「10月30日」のイベントでAppleは「iPad mini5」を正式に発表かもって話。

小型モデルの唯一の希望。「10月30日」のイベントでAppleは「iPad mini5」を正式に発表かもって話。

先日の情報からも、かなり錯綜していますが、Appleは「10月30日」に開催するイベントにおいて、新型「Apple Pencil」に加えて、「2種類」の次期「iPad Pro」を正式に発表する可能性が高く、さらにこの「iPad Pro」の容量構成は「2モデル」ずつになる可能性があると予測されています。詳細は「新型「Apple Pencil」の登場は確定に?次期「iPad Pro」と同時に認証を通過したって話。」をご参照下さい。

一方で、次期「iPad Pro」は事前情報通り、「Face ID」に「ベゼルレスデザイン」を採用する可能性が高いと予測されていますが、先日には「本体サイズ」がリークしており、「USB-C」を採用し薄型化さえされますけど、そこまで大幅な小型化がされないことも判明しています。詳細は「薄型化はされるけど思ったより小型化されない。次期「iPad Pro」の詳細な本体サイズが判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、Appleは「10月30日」のイベントにおいて、「iPad mini5」を正式に発表する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「iPad mini5」が登場へ。

 

さて今回の情報によると、リーカーとして非常に定評のあるMing-Chi Kuo氏は、投資家向けのレポートにおいて、Appleは「iPad mini5」を発表する可能性が高いとしています。少なくとも「iPad mini5」の開発に取り組んでいることに間違いないはなく、早ければ「10月30日」のイベントにおいて。遅くても来年の初頭に登場する可能性が高いとしています。

ただ次期「iPad Pro」のような「Face ID」や「ベゼルレスデザイン」は採用しておらず、デザインに関しては現行の「iPad mini4」と同じものになるとしています。ただ現行の「iPad mini4」は「A8」チップを搭載していますが、次期「iPad mini5」は「A12 Bionic」を搭載されると予測されていることからも、大幅に処理性能が向上すると考えることができます。

また「A10」チップ以降のチップを搭載していることになれば、「Apple Pencil」に対応する可能性も考えることができます。また長らく延期が繰り返され、一時期は開発が中止されたとされている「Air Power」ですが、同氏のレポートによれば、「2018年」の「第4四半期」から来年の初頭にかけての3ヶ月間において正式に発売を開始する可能性が高いと予測しています。

また「ワイヤレス充電」に対応した「Air Pods」の新型充電ケースも登場することに言及しています。また10月30日のイベントにおいては、新型「MacBook」や、「iMac」そして「Mac mini」などが発表されると予測されていますが、今回の情報を考慮すると、「iPad」が中心のイベントになると考えることができます。

「iPhone SE2」の存在が断ち切られた以上、Appleのラインナップに残された唯一の小型モデルである「iPad mini」が存続するのは非常に小型モデルユーザーにとっては好ましいところだと思います。現行の「iPad」と同様にエントリーモデル的な立ち位置で登場するのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧