• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • さらなる大容量を手に入れるために。「Huawei Mate20 Pro」専用の最大1TBに対応したモバイルストレージが発売にって話。

さらなる大容量を手に入れるために。「Huawei Mate20 Pro」専用の最大1TBに対応したモバイルストレージが発売にって話。

先日の情報からも、Androidの中では最高クラスのスペックを搭載した「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」は一部の国を対象に発売を開始しており、少なくとも「Huawei Mate20 Pro」に関しては、海外のSIMフリースマートフォンを専門に扱う「Expansys」においても発売が開始していることが判明しています。詳細は「今年最高のスペックを携えて。「Huawei Mate20 Pro」が「Expnsys」で予約開始したって話。」をご参照下さい。

一方で今年の年末にかけて、「5G」に対応した機種が登場すると予測されている中、「Kirin980」を搭載した「Huawei Mate20 Pro」は「MAte20」シリーズの中で唯一「5G」に対応していることが判明しています。詳細は「11月にいよいよ多くの国で発売開始に。「Huawei Mate20 Pro」は「5G」に対応しているって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Huawei」は、「Huawei Mate20」シリーズ専用のモバイルストレージを発売することが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


モバイルストレージを発売に。

 

先日発表された内容からも「huawei Mate20 Pro」は最大容量が「256GB」であることが判明しており、さらに新しく「NanoSDカード」に対応していますが、このSDカードが現在サードパーティ製は存在しておらず、「Huawei」の純正品の「256GB」が最大容量になります。つまり、「SD」カードと合わせても最大「512GB」のみにしか対応していないと考えることができます。

だからこそか、「Huawei」は、「10月26日」に「Huawei Mate20」シリーズ専用のモバイルストレージを発売するとしています。このモバイルストレージは、最大容量「1TB」のバックアップに対応しており、さらに「Huawei Mate20」シリーズのモバイルバッテリーとしても機能するとしています。ただ「huawei Mate20 Pro」が対応している「40W」の急速充電には対応していないとしています。

またこのストレージは、上記の画像から確認できるように、簡単な水はねなどからは保護できるように「防水」の布で覆われていることを確認することができ、さらに「Huawei Mate20」シリーズのバックアップをとる際も、余計なアプリや操作などは必要なく、ただ接続するだけと簡単にバックアップがとることが可能だとしています。

また発売時点では「Huawei Mate20」「Huawei Mate20 Pro」や「Huawei Mate20 X」にしか対応していないとしていますが、将来的には他のデバイスでも対応することが判明しているとしています。

確かに「iPhone XS」や「Galaxy Note9」のように最大容量が「512GB」というのはかなり魅力的ですよね。ただ本体代が高価になりすぎることを避ける意味でも「Huawei Mate20 Pro」は最大容量「256GB」でおさえたのかもしれませんね。残念なことに日本で発売されるかどうかは判然としない状況にあります。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧