• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 日本では未発売。「Huawei P20 Pro」の新色「Morpho Aurora」は「Twilight」より鮮やかなカラーかもって話。

日本では未発売。「Huawei P20 Pro」の新色「Morpho Aurora」は「Twilight」より鮮やかなカラーかもって話。

先日の情報からも、今年の上半期に正式発表された「huawei P20 Pro」ですが、最大「4000万画素」の「トリプルレンズカメラ」を搭載し、さらにRAM「6GB」にストレージ「128GB」の搭載など、カメラだけではなく、トータル的に非常に完成度が高く評価されていることからも、ヨーロッパにおいて、スマートフォン部門で最優秀賞を獲得していることが判明しています。詳細は「2018年最高の機種に確定か。「Huawei P20 Pro」がユーロッパ最優秀スマートフォン賞を獲得したって話。」をご参照ください。

一方で、先日の情報からも、下期に登場した「Galaxy Note9」ですら及ばない「Huawei P20 Pro」のカメラですが、先日の情報からもついにEtorenにおいて「7万円」で購入が可能になるなど、世界最高のカメラを手頃な価格で入手可能となっています。詳細は「世界最高のカメラをより手頃な価格で。「Etoren」で「Huawei P20 Pro」が約「7万円」代で購入が可能にって話。」をご参照ください。

さて今回GizmoChinaによると、「Huawei P20 Pro」の新色「Morpho Aurora」と「Twilight」を比較した画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


グラーデーションカラーの比較画像。

 

さてIFA2018の時に発表された「Huawei P20 Pro」の4つの新色の一つである「Morpho Aurora」と一番人気のカラーである「Twilight」との比較画像を簡単に確認していきたいと思います。ちなみに新色4色については「より女性にも人気が出るように。「Huawei P20 Pro」の新色2色が判明したって話。」をご参照下さい。

「Twilight」でもかなり派手なグラデーションカラーを採用していますが、「Morpho Aurora」と比較してしまうと、光沢感が強い「ブルー」のような色合いに見えますよね。一方で「Morpho Aurora」に関しては「Huawei Mate20 Pro」の「Twilight」にような色合いをしていることを確認することができます。どちらのカラーも非常に物欲を刺激されるカラーとなっています。ただどちらのカラーも日本未発売なのが残念ですよね。

ちなみにSIMフリースマートフォンを扱うサイトの「Huawei P20 Pro」の展開カラーをまとめてみると以下のようになります。

カラー/ショップ Expansys Etoren One Shop Mobile STF-Phone
Twilight
Black
Blue
Pink × × ×
Pearl White × × × ×
Morpho Aurora × × × ×
Elegant Black × × × ×
Golden Brown × × ×  ×

新色に関しては日本国内で入手するのは非常に難しいと考えることができます。「ピンク」すら「Etoren」でしか扱っていないので。ちなみに「ドコモ」に関しては「ブルー」と「ブラック」の2色展開になります。ただ「Twilight」に関してはamazonでも販売されているので気になる方はチェックしてみて下さい。

こうなってくると気になるのは「Huawei Mate20 Pro」の日本国内での展開カラーですよね、また「ブラック」と「ブルー」の定番色の採用のみになるのでしょうか。非常に気になります。続報に期待しましょう。

ドコモオンラインショップでHuawei P20 Proを購入する。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧