• HOME
  • ブログ
  • iPhone XR
  • やはり圧倒的な支持を得てる?「iPhone XR」は今年最も売れる新型「iPhone」になるかもって話。

やはり圧倒的な支持を得てる?「iPhone XR」は今年最も売れる新型「iPhone」になるかもって話。

先日いよいよ国内でも予約を開始した「iPhone XR」ですが、少なくとも事前情報と異なり、予約開始日の在庫状況はほぼすべてのモデルにおいて「在庫あり」の状態となっており、さらに、「iPhone XR」のポップなカラーを活かすように、純正のクリアケースが発売されると予測されていましたが、実際にはいまだ発表されていません。詳細は「キャリアモデルは予約が必須?「iPhone XR」の在庫状況をまとめてみたって話。」と「その彩りを最大限に活かすため。Appleは「iPhone XR」用に純正クリアケースを発売にって話。」をご参照下さい。

一方で、例年の新型「iPhone」と比較すると、非常に反応が薄い「iPhone XS」と「iPhone XS Max」ですが、例年以上の売上ペースを維持していることが判明しており、さらに、先日の情報からも、本体価格以上に「iPhone XR」より「iPhone XS」シリーズを購入するユーザーのほうが多い可能性があると予測されていました。詳細は「本体価格以上に「デザイン」や「スペック」を。なんだかんだ言って「iPhone XR」より「iPhone XS」のほうが人気って話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、先日予約を開始したばかりの「iPhone XR」ですが、今年最も売れる新型「iPhone」になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


今年最も売れる「iPhone」に。

 

さて今回の情報は、Loup VenturesのアナリストであるGene Munster氏によると、「iPhone XR」の予約開始日において、「iPhone XS」や「iPhone XS Max」のように予約をスキップするユーザーは少なかったとしており、さらに「iPhone XS」シリーズと異なり、「iPhone XR」が早くも納期が「3~4週間」に変更されていることからも、かなりの支持を集めている可能性が高いと予測しています。

ただあくまでも、初期在庫がどれくらいあるかは判然としないことからも、この納期を鵜呑みにすることにリスクがあるとしていますが、徐々に売上を伸ばしていき、2019年には全体の「38%」を占める大ヒットになる可能性が高いと報告しています。少なくとも執筆時点では、アメリカのアップルオンラインストアを確認しても、そこまで反響があるようにみえませんが、「iPhone XS」シリーズよりはマシだと考えるべきなのでしょうか。

ちなみに執筆時点でのアップルオンラインストアの在庫状況は以下のようになります。

カラー/容量 64GB 128GB 256GB
ホワイト 1〜2週間待ち
ブラック
ブルー 1〜2週間待ち
イエロー 1〜2週間待ち
コーラル 1〜2週間待ち
(PRODUCT)RED 1〜2週間待ち 1〜2週間待ち

 

「iPhone XS」の時と比較すると、廉価モデルというイメージなのか、「低容量」モデルが人気であることを確認することができます。つまりストレージに大容量を求めるユーザーは「iPhone XR」ではなく、「iPhone XS」を選択する可能性が高いと考えることができます。少なくとも例年の「iPhone」であれば、大容量モデルから在庫がなくなるので。

そして本体カラーに関しては「(PRODUCT)RED」が一番人気である可能性が高いと考えることができます。先日公開された、人気アンケートにおいても同じ色が人気であったことからも、やはり「iPhone」のカラーとして親しみのあるカラーが一番人気になると考えることができます。少なくとも今年発表された「iPhone」の中で、「64GB」が一番安いモデルになります。キャリアモデルを特に狙っている人はとりあえず予約することをお勧めします。

docomoオンラインショップでiPhone XRを予約する。

auオンラインショップでiPhone XRを予約する。

ソフトバンクオンラインショップでiPhone XRを予約する。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧