• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 技術革新を大きく牽引へ。次期「Galaxy S10」は「カメラ」と「指紋認証」を「ディスプレイ」に統合へって話。

技術革新を大きく牽引へ。次期「Galaxy S10」は「カメラ」と「指紋認証」を「ディスプレイ」に統合へって話。

先日の情報からも、Samsungの幹部が、次期「Galaxy S10」シリーズは、デザイン上の重要な設計変更が施されていると発言しており、「Galaxy S8」シリーズ以来のフルモデルチェンジになる可能性が高いと予測されています。詳細は「「非常に重要な」設計の変更を。次期「Galaxy S10」シリーズはデザインが大きく変更されるかもって話。」をご参照下さい。

一方でこの「Galaxy S10」シリーズは、先日の情報からも3モデル構成になると予測されており、「5.8インチ」が2モデル、そして「6.3インチ」モデルが存在しており、この「6.3インチ」モデルに関しては、韓国限定での「5G」に対応した特別モデルが存在していることが判明しています。詳細は「Samsungにとって「Galaxy S10+」は特別な存在へ。次期「Galaxy S10」シリーズは4モデル構成にって話。」と「5G対応の特別な「Galaxy S10+」。「韓国」限定での発売になるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、Samsungが開催した「OLEDフォーラム」において、次期「Galaxy S10」シリーズには「カメラ」と「指紋認証」が搭載されることを直接示唆していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


技術革新を牽引へ。

 

さて今回の情報によると、Samsungは次期「Galaxy S10」で、「ディスプレイ」に「指紋認証」と「フロントカメラ」の両方を統合する可能性があると報告しています。

他のメーカーと異なり、Samsungは「ノッチ」スタイルを採用することに強く抵抗を示しており、現行の「Galaxy Note9」や「Galaxy S9」シリーズも「顔認証」や「虹彩認証」機能を搭載していますが、均一なベゼルを採用しています。一方で先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは、「フロントカメラ」を「ディスプレイ」に統合することからも、フルスクリーンデザインを採用する可能性が高いと予測されていました。詳細は「本体が大幅に小型化する可能性も。「Galaxy S10」は「フルスクリーン」を採用でも「ディスプレイサイズ」が現状維持って話。」をご参照下さい。

一方で先日開催されたSamsungOLEDフォーラムにおいて、「指紋認証」と「カメラ」を統合した「有機ELディスプレイ」の開発進捗具合を正式に発表したことからも、次期「Galaxy S10」シリーズで採用される可能性が高いと考えることができます。

「フロントカメラ」の仕様に関しては判然としない状況にありますが、「指紋認証」に関しては「Qualcomm」の第3世代超音波式の指紋センサーを搭載すると予測されており、少なくとも先日「有機ELディスプレイ」としては初の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を採用して発表された「Huawei MAte20 Pro」より高性能な指紋認証を搭載していると考えることができます。詳細は「「Galaxy S10」は超音波式「指紋センサー」を採用でディスプレイに統合が可能にって話。」をご参照下さい。

国内では間も無く「galaxy Note9」が発売開始になるのに、海外では早くも「Galaxy S10」のことで持ちきりです。正直今年のキャリアの新製品、特に「ハイエンドモデル」に関してはピントこない状況です。この中で「Galaxy Note9」は筆頭だと考えることができます。もう少しSamsungの人気が上がれば最上位モデルを展開してくれるようになる気がするんですけどね。

ドコモオンラインショップでGalaxy Note9を予約する。

auオンラインショップでGalaxy Note9を予約する。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧