• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「OS」と「コンテンツ」Sonyの強みを最大限に活かすために。「サイドセンス」は次期「Xperia XZ4」でアスペクト比変更への布石にって話。

「OS」と「コンテンツ」Sonyの強みを最大限に活かすために。「サイドセンス」は次期「Xperia XZ4」でアスペクト比変更への布石にって話。

先日の情報からも、来年初頭に発表が予測されている「Xperia XA3」や「Xperia XA3 Ultra」のレンダリング画像がリークしており、「側面」に「指紋認証」が搭載されることや、カメラの搭載位置が変更されるなど、オムニバランスデザインがより洗練されたデザインを採用している可能性が高いと考えることができます。詳細は「「Xperia Z Ultra」を超えた大型ディスプレイを搭載に。「Xperia XA3 Ultra」のレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、来年登場する次期「Xperia」、特に「ハイエンドモデル」に関しては、アスペクト比が「18:9」から「21:9」に変更される可能性が高いと予測されており、Sonyグループのコンテンツ力を最大限に活かせるデザインを採用する可能性が高いと考えることができます。詳細は「SONYが理想とする「アスペクト比」を実現に。次期「Xperia XZ4」はディスプレイの強化が計り知れないって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、アスペクト比「21:9」を採用した待ち受け画像が投稿されいることが判明しており、「Xperia XZ3」で採用された「サイドセンス」が「アスペクト比」変更への布石だと考えることができるのでまとめたいと思います。


操作性はより劣化に?

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Based on XA3 renders, if you crop only the display area it makes around 624×278 which translates to around 2.25:1 aspect ratio. It’s like 20.5:9. You can also use a ruler tool in PS or Photopea. So if renders are real there’s no doubt it will have a pretty tall display. 

今回の投稿によると、先日公開された「Xperia XA3」のレンダリング画像の表示領域を切り抜いた画像が上記の画像になり、アスペクト比は「20.5;9」になるとしています。先日の情報からも、次期「Xperia」のアスペクト比が「21;9」を採用している可能性が高いと予測されていることからも、「ミドルレンジモデル」含めてすべての次期「Xperia」がアスペクト比「21:9」を採用している可能性が高いと考えることができます。

また上記の画像からも、想像以上にかなり縦長になることが確認することができます。こうなってくると「Xperia XZ3」に採用された「サイドセンス」がアスペクト比変更への布石だと考えることができます。少なくともアスペクト比「18;9」の時点で片手で操作することが難しいことからも。そしてより「Edge」スタイルのデザインを活かすためにも「Xperia XZ3」で「サイドセンス」を採用したと考えることができます。

先日の情報からも「有機ELディスプレイ」を次期「Xperia XZ4」も搭載していると予測されていることからも、「Edge」スタイルを活かしたデザインを採用している可能性が高いと判断することができ、だからこそ「有機ELディスプレイ」そして「サイドセンス」の2点からも「アスペクト比」変更への布石だと考えることができます。OSとコンテンツ、Sonyにとって最大の強みを次期「Xperia」で活かしてくると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧