• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 発表直前。「Huawei Mate20 Pro」の発売日・価格・スペック全部まとめてみたって話。

発表直前。「Huawei Mate20 Pro」の発売日・価格・スペック全部まとめてみたって話。

先日の情報からも、「Huawei」はイギリスのロンドンで「10月16日」にイベントを開催し、「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」を正式に発表すると予測されています。特に「Kirin980」の大きな特徴として「AI」が考えられ、「Huawei Mate20」シリーズは「AI」をより活かした機能が多く搭載されると予測されています。詳細は「世界1位を目指して大きく動き出す。「Huawei」が「10月16日」に「Huawei Mate20 Pro」は正式発表へって話。」をご参照下さい。

さて今回、「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」が発表直前ということもあり、特に「日本」では「ドコモ」が展開する可能性が高い「Huawei Mate20 Pro」の執筆時点で判明しているスペックをまとたいと思います。


ディスプレイはより大型に。

まず「Huawei Mate20 Pro」は「6.4インチ」のディスプレイを搭載していると予測されています。「Huawei P20 Pro」の「ディスプレイサイズ」が「6.1インチ」であったことを考えるとより大型化していることになります。

また「有機ELディスプレイ」を搭載しており、バックライトが不要になったことからも、「Galaxy Note9」や「Xperia XZ3」のように「Edge」スタイルを採用しているとされています。ただ「Huawei Mate20」と比較すると、より大きな「ノッチ」を採用していることを上記の画像からも確認することができます。

また表示解像度に関しても「Huawei P20 Pro」が「FHD +」だったのに対して、「Huawei Mate20 Pro」は「QHD +」と「有機ELディスプレイ」と相成ってより高精細なディスプレイになると考えることができます。


新たな生体認証。

次に「生体認証」について見ていきたいと思います。「Huawei MAte20 Pro」は全部で3つの「生体認証」が搭載される可能性が高いと予測されており、まず上記の画像のようにより進化した「顔認証」です。

新たに「垂直面発光レーザー(VSEL)」を採用しており、従来と異なり「2D」認証ではなく、「3D」認証に進化しています。「3D」に対応したことで、写真などでは認証できないなど、「セキュリティ」面で大幅に強化されたと考えることができます。

また上記の画像のように「Face ID」と比較しており、まず認証速度が「Face ID」の半分とかなり高速化されており、さらに「支払い」以外の様々な場面で「顔認証」が利用可能となっていることを確認することができます。

そして2つ目の「生体認証」として、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載しています。「Huawei P20 Pro」はフロント部分に「指紋認証」が搭載されていますが、「ディスプレイ」に統合されたことでよりデザインもすっきりとしています。

また「有機ELディスプレイ」に搭載されるのは世界初である可能性が高く、「Qualcomm」の第2世代の超音波式を採用していると予測されています。超音波式を採用していることからも、従来の静電気式と異なり、手が濡れていても認証が可能になっています。ただ認証速度や認証精度に関しては全く情報がありません。

そして「3つ」目の「生体認証」は世界初となる「BONE VOICD ID」になります。「骨伝導」と「声」を組み合わせた新しい「生体認証」になります。情報が上記のスライド以外にないため、認証のさせ方など判然としませんが非常に楽しみな機能になります。


基本スペック

 

次に基本スペックを確認したいと思います。搭載OSは「Android9.0」そして搭載CPUは「Kirin980」です。特に「Kirin980」は先日の情報からも、「A12 Bionic」には及びませんが、「snapdragon845」を圧倒しており、さらに「snapdragon855」も超えていることが判明しています。

また内部スペックは「RAM4/6/8GB ストレージ128/256/512GB」であることが判明しており、直近の情報では「RAM6GB/128GB」が多くの国で展開されることが判明しています。特に最上位モデルである「RAM8GB/512GB」はやはりアジア圏での展開になるのでしょうか。

本体カラーは「Huawei P20 Pro」の時に大人気だった「トワイライト」、「ブラック」、「ブルー」、そして新色である「エメラルドグリーン」です。ただこの「エメラルドグリーン」に関しては「トワイライト」のように、グラデーションカラーとなっているかは判然としない状況にあります。

 

バッテリーに関しては「4200mAh」の大型バッテリーを搭載しており、さらに「SuperCharge2.0」に対応していることで、「30分」の充電で、「70%」程度充電が回復するとしており、かなり高速な充電に対応しています。またAppleなどと異なり、この高速充電に対応した専用の充電器が同梱されているとしています。

また「ワイヤレス充電」に対応しており、最大「15W」となっています。一部情報では最大「40w」に対応すると予測されていましたが、さすがにそこまでではなかったですね。ただ「ワイヤレス充電」に対応している機種の中では、かなり早い充電速度になります。

また「Huawei Mate20 Pro」と同時にワイヤレスイヤホンである「Huawei Freebuds 2 Pro」が同時に発表されると予測されています。「Huawei Freebuds 2 Pro」は非常に「Air Pods」と似たデザインを採用していますが、大きく異なるのが「ワイヤレス充電」に対応していることです。

そして驚きなのが、「Huawei Freebuds 2 Pro」」を上記の画像のように「Huawei Mate20 Pro」を通して充電することが可能になっています。つまり「Huawei Mate20 Pro」は充電も給電のどちらもが可能になっていると考えることができます。そのほか、「イヤホンジャック」はついに廃止になります。しかしながらその代わりに「Huawei Mate20」と異なり「IP68」に対応します。

そして「Huawei Mate20 Pro」は新しい規格である「NanoSDカード」に対応します。現時点ではサードパーティ製は存在しておらず、「Huawei 」の1純正品のみになるとされています。容量に関しては最大「256GB」増やすことが可能となっています。


最高のカメラ。

 

世界最高の評価を獲得している「Huawei P20 Pro」よりさらに強化された「トリプルレンズカメラ」を搭載しており、その構成は「4000万画素(F1.8)/2000万画素(F2.4)/800万画素」となっています。特に超広角なレンズとなっており、被写体から「2.5cm」以上離せば写真が撮影可能となっています。

また「AI」機能を活かした「Smart Zoom」に対応しており、「AI」が自動的に被写体を認識、「ズーム」と「フォーカス」を自動的に行ってくれとしています。

また「Google lens」の機能と同等ですが「HIVISION」に対応しており、カメラで認識と対象物の情報を、自動的に表示してくれる機能になります。


発売日・価格

 

そして最後にまず予約開始日はイベント直後からだとされているので「10月16日」からだと考えることができ、さらに「発売日」に関しては「11月5日」になるとされています。

また価格に関しては、RAM6GB/ストレージ128GBのモデルで、日本円で約「13万円」になることが判明しています。ただやはり展開地域によって価格差があるため、あくまでも目安にしておくのが一番だと考えることができます。日本でもRAM6GB/ストレージ128GBのモデルが展開される可能性が高く、このくらいの価格になると考えることができます。

先日までの情報が正しければ、「日本」国内では、「キャリアモデル」として「ドコモ」が。そして「デュアルSIM」モデルに対応した「SIMフリー」モデルが発売されると予測されています。「Google Pixel3」のことを考えれば、「SIMフリー」モデルも「おサイフケータイ」に対応してほしいところですよね。正式発表まであと僅かです。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧