• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • イヤホンジャックは継続採用へ。次期「iPad Pro」の新たなレンダリング画像が公開にって話。

イヤホンジャックは継続採用へ。次期「iPad Pro」の新たなレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも、「iOS12.1」のβ版の内部コードから、「iPad2018」という評価が確認されており、Appleは今年中にイベントを開催し、次期「iPad Pro」を正式に発表すると予測されており、さらにそのイベントの開催日は「10月30日」になる可能性が高いとされています。詳細は「「iPhone XS」と同等に存在を引き立てるために。Appleは次期「iPad Pro」を10月に発表へって話。」と「ついに次期「iPadPro」の全貌が明らかに。Appleは「10月30日」にイベントを開催かも。」をご参照下さい。

一方で「Face ID」を搭載すること。そして「ベゼルレスデザイン」を採用することが確実視されていますが、「iPhone XS」シリーズのような「ノッチ」スタイルは採用しておらず、「均一なベゼル」を採用している可能性が高いと予測されています。詳細は「過去最大級のアップデートに。次期「iPad Pro」の新たなレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaにによると、CADを元に作成された次期「iPad Pro」のレンダリング画像がリークしたとしており、「イヤホンジャック」が継続されている可能性が高いと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


新たなレンダリング画像が公開に。

さて今回公開された次期「iPad Pro」の新たなレンダリング画像が上記の画像になります。ガラスフィルムのメーカーが公開したレンダリング画像であると考えることができます。事前情報通り、「ベゼルレスデザイン」を採用しており、さらにガラスフィルム自体も「Touch ID」を搭載していないせいか非常にすっきりとした印象となっています。

「iPhone XS」シリーズのように、本体端の部分は「湾曲」しておらず、「フラット」になっていることを確認することができ、さらに歴代「iPad」と同様にフレーム部分が 「Edge」加工されていることを確認することができます。最近のスマートフォンはサイドフレームにかけて湾曲していることが多く、その全部を保護してくれるフィルムは中々存在しないことからも、次期「iPad Pro」のようにフラットになっているのは、保護する観点では非常にありがたいですよね。

 

そして上記の画像からも、次期「iPad Pro」は「均一な」ベゼルを採用していることを確認することができますが、それ以上に「イヤホンジャック」を継続採用していることを確認することができます。またこの角度からだと、本体上部にステレオスピーカーを2つ搭載しており、さらにアンテナスリッドを確認することができます。

先日の情報からも次期「iPad Pro」は「A12X」チップを搭載すると予測されており、処理性能が大幅に向上する一方で、外部ディスプレイへ「4K HDR」の出力など、「GPU」に関しても大幅に強化されていると考えることができます。また合わせて新型「Apple Pencil」が登場すると予測されています。

事前情報通り、今月末までに登場するのか、それとも来月になってしまうのか判然としませんが、正式発表まではもう間も無くだと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧