• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • ドコモが「Xperia」より「Huawei」を優先に。ドコモが「Huawei Mate20 Pro」が正式発表された直後の「10月17」日にイベントを開催へって話。

ドコモが「Xperia」より「Huawei」を優先に。ドコモが「Huawei Mate20 Pro」が正式発表された直後の「10月17」日にイベントを開催へって話。

先日の情報からも、「Huawei」は、「10月16日」にイベントを開催し、正式に「huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」を発表すると予測されており、特に最上位モデルである「Huawei Mate20 Pro」は世界初の「ディスプレイ統合型指紋センサー」や骨伝導を利用した「BONE VOICE ID」に対応するなど、大きな注目を集めています。詳細は「世界初の「BONE VOICE ID」を搭載して。「Huawei Mate20 Pro」は3つの生体認証を搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも少なくとも「Huawei Mate20」は「日本市場」で展開される可能性が非常に高いと予測されており、このことからも「Huawei Mate20 Pro」が最も展開地域が広いとされていることからも、「Huawei Mate20 Pro」も日本市場で展開される可能性が非常に高いと考えることができます。詳細は「キャリアモデルの展開の可能性も。「Huawei Mate20」の販売地域が判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回J-Phone.ruによると、ドコモが「10月17日」に開催を予定している冬の新製品発表会において、発表される可能性が高い機種をまとめているので簡単にまとめたいと思います。


すべては「Huawei」のために。

 

さて今回の情報によると、ドコモは「10月17日」の新製品発表会において、以下の機種を発表する可能性が高いと報告しています。

– Samsung GALAXY Note 9 SC-01L
– Sony XPERIA XZ3 SO-01L
– Sharp AQUOS sense 2 SH-01L

 

先日発表されたauの新製品発表会においても上記の3機種が発表されており妥当だと考えることができます。さらに先日「Google」が開催したイベントにおいても正式にアナウンスされていますが、「Google Pixel3」と「Google Pixel3 XL」が正式に発表されると考えることができます。

また「au」では展開がありませんでしたが、「AQUOS Zero」を扱う可能性が高いと予測されています。さらに一部情報によると、「Huawei」の「10月16日」のイベントに合わせてドコモのイベントが開催されると予測されていましたが、まさに「10月17日」と「Huawei」のイベントに合わせたような結果になっています。

このことからも「Huawei Mate20 Pro」を「Huawei P20 Pro」の時のように独占で取り扱う可能性が高いと考えることができます。つまり「ドコモ」は「Huawei」に対してかなり優遇していると考えることができます。

ただちょっと気になるのは「Huawei Mate20」の存在です。少なくとも執筆時点では、auは取り扱いがなく、さらにソフトバンクがイベントを開催していないことからも判然としませんが、可能性の一つとしては「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」を独占してドコモが発売すると考えることもできます。

ただ妥当なのは、ソフトバンクが「Huawei Mate10 Pro」を扱っていることを考えれば、ソフトバンクが「Huawei Mate20」を展開する可能性があるということです。また2つの機種は「SIMフリーモデル」として、国内でも展開される可能性が高いと予測されています。

昨年までは明らかに「Xperia」を優遇していましたが、今年に入ってからは「Huawei」が優遇されている印象を強く受けます。今年の冬モデルはかなり魅力的な機種が揃っていますが、どの機種に軍配が上がるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧