• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • 日本市場を限定に展開の可能性も。SONYは「ミドルレンジモデル」として「Xperia XZ3 Compact」を発表するかもって話。

日本市場を限定に展開の可能性も。SONYは「ミドルレンジモデル」として「Xperia XZ3 Compact」を発表するかもって話。

先日の情報からも、SONYは来年の初頭に「Xperia XZ4」シリーズを発表すると予測されていますが、特に「Xperia XZ4 Compact」に関する情報は錯綜しており、Compactモデルとして初の「有機ELディスプレイ」を搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は「過去最高のコンパクトモデルに。「Xperia XZ4 Compact」は「5G」に「有機ELディスプレイ」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方でこの「Xperia XZ4 Compact」は、「ミドルレンジモデル」になる可能性もあると予測されている中、「日本市場」含めて一部の地域のみが「ミドルレンジモデル」として登場し、他の市場では「ハイエンドモデル」になる可能性もあると予測されています。詳細は「なぜ日本市場を差別化するのか。「Xperia XZ4 Compact」は日本のみ「ミドルレンジモデル」にって話。」と「「Xperia XZ2 Compact」で終焉へ。「Xperia XZ4 Compact」は「ミドルレンジモデル」にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、SONYはドコモの冬モデルとして「Xperia XZ3 Compact」を発表する可能性があると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Xperia XZ3 Compact」が登場に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

many people are probably not interested but NTT (Japan) will release mid range device with model number SO-02L as well as SO-01L which is XZ3 for sure.

some site reported this device will have SDM630/660, but that’s not the case.
It will have SDM670 instead.

さて今回の情報によると、「NTTドコモ」は「Xperia XZ3」を「SO-01L」として発売する一方で、ミドルレンジモデルである「SO-02L」を展開する可能性が高いとしており、この機種は「snapdragon670」を搭載する可能性が高いと予測されています。

少なくとも「snapdragon670」を搭載していることが正しいとすれば、「Xperia XA2 Plus」や「Xperia XA2」、「Xperia XA2 Ultra」である可能性は考えにくく、先日リークした「Xperia XA3」シリーズもしくは、完全に未発表である「Xperia XZ3 Compact」であると考えることができます。

少なくとも「ミドルレンジモデル」であることを考えれば、イベント無しでSONYがネット上で発表する可能性も考えることができ、何よりドコモの新製品発表会において、サプライズとして発表される可能性も否定はできません。

今年の最上位モデルとされている「Xperia XZ2 premium」がイベントなしで発表されていることを考えれば、どのような機種がどのような方法で発表されたとして特段驚く必要性はありません。先日の情報からも「Xperia XZ2 Compact」がフラッグシップと同じ「SoC」を搭載した最後の「Compact」モデルになると予測されています。

このことからも、仮にこのデバイスを「Xperia XZ3 Compact」とした場合、「Xperia XZ3」が「snapdragon845」を搭載していることからも、「Xperia XZ3 Compact」が「snapdragon670」であれば情報に整合性がつきます。

とはいえ、今回の情報が正しければ、国内では「Xperia X Compact」以来のミドルレンジモデルが久しぶりに展開されることになります。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧