• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • オムニバランスを採用した「Xperia」の最高傑作。「Xperia Z5」がついに「Expansys」で入荷開始って話。

オムニバランスを採用した「Xperia」の最高傑作。「Xperia Z5」がついに「Expansys」で入荷開始って話。

先日の情報からも、昨年の「6月」に発売を開始して、神機と呼ばれた「Xperia Z3」以来となる高評価を獲得した「Xperia XZ premium」ですが、発売から1年半経過し、ついにその価格も底値となっており、「4万円代」で購入が可能となっています。詳細は「「Xperia Z3」以来の神機種がついに底値で。「Xperia XZ premium」がついに「4万円」代で購入可能にって話。」をご参照下さい。

先日発表された「Xperia XZ3」の発売を控えていることもあり、特に「ハイエンドモデル」の価格が徐々に下落している中、先日の情報からも、海外のSIMフリースマートフォンを専門に扱う「Expansys」において、なぜか今更「Xperia Z5」の製品ページが復活するなど、いまだ市場に流通していることが判明しています。詳細は「なぜ今更復活。「Xperia Z5」が「Expansys」で「2万円代」で販売再開したって話。」をご参照下さい。

さて今回海外のSIMフリースマートフォンを専門に扱うExpansysにおいて、「Xperia Z5」の在庫が「入荷未定」から「在庫あり」に変更されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


在庫ありの状態に。

さて今回「Expansys」においての「Xperia Z5」の製品ページが上記の画像になります。価格に関しては「2万5495円」となっており、「69%」引きの価格で販売されていることになります。また先日製品ページが復活したときと変わりませんが、「Xperia Z5」はもともと4色展開となっていますが、「Expansys」においては、そのうちの2色である「ブラック」と「ホワイト」のみが展開されています。

ただ在庫が復活したとはいえ、執筆時点で「ブラック」そして「ホワイト」どちらとも在庫が「1個」ずつのみしかありません。「品切れ」になった場合、再び入荷があるのか、完全に終売になってしまうのか判然としません。

「Xperia Z5」シリーズは、「Xperia」として初の「指紋認証」を搭載した機種となっており、洗練されたフロストガラスが採用されるなど、「snapdragon810」を搭載していること以外は、ほぼ完璧な「Xperia」でした。また時が経過するのは早いもので「Xperia Z5」は「Android8.0」以降には対応していません。

中古市場においては「Xperia Z5」を見かける時はありますが、「新品」となるとかなりレア度が高いです。2万円ちょっとで買えることからもおすすめですが、正直なところコストパフォーマンスは「Xperia XA2」や「Xperia XA2 Ultra」の方が高いです。気になる方はチェックしてみて下さい。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧