• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「iPhone」と同じ道へ。次期「Xperia XZ4」は「SDカード」を廃止してストレージ「128GB」に対応かもって話。

「iPhone」と同じ道へ。次期「Xperia XZ4」は「SDカード」を廃止してストレージ「128GB」に対応かもって話。

先日の情報からも、かなり情報が錯綜していますが、次期「Xperia XZ4」は、側面に「指紋認証」を搭載するなど、デザインを刷新する可能性がある一方で、「Xperia XZ4」のデザインは、すでに1年以上前に決定しているとされていることからも、「アンビエントフロー」が継続して採用される可能性が高いとも予測されています。詳細は「デザインの刷新は見送りの可能性も。次期「Xperia XZ4」は1年以上前にデザインが決定しているかもって話。」をご参照下さい。

一方で、その詳細なスペックは判然としないながらも、直近の情報においては、「Xperia」として初となる「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに「デュアルレンズカメラ」が搭載される可能性が高いとされています。詳細は「ブラビアの「有機ELディスプレイ」技術はさらなる躍進を。「Xperia XZ4」は物理的「指紋認証」を廃止にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia XZ4」は「SDカード」が廃止になり、さらにストレージが「128GB 」に対応する可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


SDカードが廃止に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

they want to remove the microSD they should have 128GB as the least options, 256GB for a high-end.

さて今回の投稿によると、ESATO上の一連の会話の流れからも「Xperia XZ4」は「SDカード」を廃止する可能性があることを示唆しており、さらに、「128GB」のストレージに対応する可能性があることを示唆しています。また最上位モデルとして「256GB」の存在が必要であること投稿しています。

先日の情報からも「Huawei」は「Huawei Mate20」シリーズに「MicroSDカード」を廃止して、新たに「NanoSDカード」を採用する可能性が高いと予測されています。つまり現行のSDカードを廃止するという流れは、「Samsung」や「Huawei」にすらないものとなっており、むしろ新しい規格を採用する可能性が高いと考えることができます。

仮の今回の情報が正しければ、「ハイエンドモデル」の「Android」の中では珍しく、「iPhone」と同じ流れになる可能性が高いと考えることができます。ただ「iPhone」はそのブランド力があるからこそ、多数の容量構成を展開しても過剰な在庫になる可能性が低いですが、一方で「Xperia」に関しては、一部モデルが過剰な在庫になる可能性が高いなど、SONYにとっても大きなリスクになると考えることができます。

正直なところ「Samsung」や「Huawei」のように、ストレージにおいて多数の容量構成を展開するより、「SDカード」に対応し、ストレージは固定したほうがリスクが少ないと考えることができ、最も現実的な戦略だと考えることができます。ただどちらにせよいまだ「64GB」は少なく、いずれにせよ「128GB」には対応してほしいところですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧