• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • 物凄い勢いで在庫が減っている。「Xperia XZ3」が「Etoren」で発売開始したって話。

物凄い勢いで在庫が減っている。「Xperia XZ3」が「Etoren」で発売開始したって話。

先日の情報からも、「ブラビア」で採用されている「有機ELディスプレイ」の技術をそのまま移植したとされている「Xperia XZ3」の「ディスプレイ」は過去5年における最高のディスプレイだとされており、この「ディスプレイ」はユーザーの体験を一変させる可能性があるとかなりの高評価を獲得していることが判明しています。詳細は「すべてのユーザー体験を変える最高のディスプレイを搭載に。「Xperia XZ3」は「Xperia」史上最高評価を獲得って話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも「Xperia XZ3」は「ディスプレイ」だけではなく、「カメラ」やその「デザイン」なども非常に完成度が高く、「最新」にして「最初」のアンチ「Xperia」ユーザーを虜にする最良の機種だと評価されています。詳細は「「最新」にして「最初」の機種に。「Xperia XZ3」はアンチ「Xperia」ユーザーを虜にする最初の機種にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外のSIMフリースマートフォンを専門に扱う「Etoren.com」において、「Xperia XZ3」の発売がいよいよ開始し、その本体価格も判明したので簡単にまとめたいと思います。


いよいよ発売開始。

 

さて今回海外のSIMフリースマートフォンを専門に扱う「Etoren.com」においての「Xperia XZ3」の製品ページが上記の画像になります。価格に関しては「10万6000円」となっており、この価格はすでに「消費・関税」が加算された価格となっており、ここに「送料」が加算されます。つまり実質「10万8000円」程度で購入が可能となります。

また4色ともすべて同一の価格となっています。また上記の画像より、執筆時点での在庫数は「8個」となっています。一方で「ホワイト」に関しては「9個」レッドに関しては「8個」となっています。ただ「グリーン」に関してはまだ「未発売」、つまり初回の在庫が一切入荷していない状態だと判断することができます。

先日の情報からも、「台湾」市場においては、新色「レッド」に人気が集中していることが判明していることからも、「レッド」がちょっと気になりますよね。詳細は「日本含めたアジアでは一番人気になる可能性も。「Xperia XZ3」の「Bordeaux Red」に予約が集中しているって話。」をご参照下さい。

そして10月8日の夜から発売を開始しているのですが、発売当初に関しては、「ホワイト」のみが「9個」という表記になっており、他の2色に関しては「在庫あり」の表記になっていましたが、執筆時点では早くも「個数」表記になっていることからも、かなりのスピードで売れていると考えることができます。

歴代の「Xperia」と比較してもかなり好調の出だしだと考えることができます。直近であれば「Xperia XZ2 premium」が中国市場で初期在庫がすぐ完売したなど出だしがよかったことからも、「Xperia XZ3」も初回在庫が完売するくらいの勢いで売れてほしいですよね。

ただ残念なことに上記の画像からも発売は開始していますが、出荷まで5日程度と、地味に待つ必要性があります。気になる方は「Etoren.com」をぜひチェックして見て下さい。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧