• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • 下取りに出すことで最大7万円引きに。Samsungは「Galaxy Note9」の販促に全力を注いでいるって話。

下取りに出すことで最大7万円引きに。Samsungは「Galaxy Note9」の販促に全力を注いでいるって話。

「Galaxy Note9」は「Galaxy」シリーズとして初のRAM「8GB」にストレージ「512GB」に対応しているハイスペックモデルとなっておりますが、このハイスペックからも「Galaxy」シリーズの中で最も高価な価格設定となっています。ただこの最上位モデルに関しては、先日の情報からも非常人気が集中しており、かなり在庫状況が不安定であることが判明しています。詳細は「「Galaxy S9」の失敗を乗り越えて。「Galaxy Note9」の一部モデルは2ヶ月待ちの大ヒットにって話。」をご参照下さい。

一方で特に販売が好調である「アメリカ」市場において、先日の情報からも、Samsungは「クラウドシルバー」と「ミッドナイトブラック」の新色2色を新たに展開することが判明しており、さらに「Galaxy Note9」の販売に勢いをつけようとしていると考えることができます。詳細は「人気の裏返し?それとも販売不調の裏返し?「Galaxy Note9」に新色「シルバー」が追加にって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、Samsungはアメリカ市場において、「Galaxy Note9」の販促キャンペーンをさらに強化していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


販促をさらに強化。

さて今回の情報によると、Samsungは「Galaxy Note9」の機種変更を促すために「下取り」を大幅に強化したとしています。まず上記の画像が通常時の「Galaxy Note9」を乗り換える際の対象機種と下取り金額になります。

一方で今回の情報によると、この下取り金額を「11月3日」までの期間限定とした上で2倍に増額するとしています。つまり「Galaxy S9」や「Galaxy S9+」の下取り金額は、期間中であれば「$600」つまり日本円で約「7万円」となります。一方でアメリカ国内での「Galaxy Note9」のベースモデルが「$1000」であることからも、最大で「$400」つまり日本円で約「4万5000円」で購入が可能になります。

また今回の購入対象機種には、もちろん新色である「クラウドシルバー」と「ミッドナイトブラック」も含まれているとしています。つまり新色を実質「4万5000円」で購入できるとは非常にお買い得ですよね。

「Galaxy Note9」の在庫が豊富にあるからの叩き売りではなく、確実にシェアを広げるための大幅な販促強化であると考えることができます。かなり評判。そして評価の高い「Galaxy Note9」だからこそ有効的なキャンペーンだと考えることができます。

「Galaxy S9」シリーズの時は販売不調が原因からのテコ入れ的な意味合いでアメリカには新色「ゴールド」が追加されましたが、「Galaxy Note9」では新色追加と同時に「販促強化」と、かなり順調な流れであると考えることができます。

日本では、「ベースモデル」の展開になる可能性が高いですが、4色存在している中で、どの本体カラーが展開されるのか非常に気になります。やはりメインカラーである「ブルー」と無難な「ブラック」といったところでしょうか。かなりの多くのサイトが「iPhone XS Max」との比較記事を公開していますが、概ね「Galaxy Note9」に軍配が上がっています。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧