• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • デザインの刷新は見送りの可能性も。次期「Xperia XZ4」は1年以上前にデザインが決定しているかもって話。

デザインの刷新は見送りの可能性も。次期「Xperia XZ4」は1年以上前にデザインが決定しているかもって話。

先日の情報からも、「Xperia XZ3」で初めて搭載された「有機ELディスプレイ」ですが、本体薄型化に加えて、「バックライト」が不要になったことからも、本体デザインの設計において、かなり幅が出たとされており、より柔軟な本体設計が可能になったとされています。詳細は「SONYの長年の努力が報われる時。「Xperia XZ3」は最高の「有機ELディスプレイ」が最高のデザインへと導いたって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、リークした「Xperia XA3」シリーズのレンダリング画像において、「指紋認証」が側面に搭載されていること。そして「Xperia XZ2」や「Xperia XZ3」のデザイン設計をしたチームが解散になったことからも「Xperia XZ4」ではデザインの刷新が施される可能性が高いと予測されています。詳細は「アンビエントフローは終焉で。次期「Xperia XZ4」ではやはりデザインが刷新されるって話。」と「「Xperia Z Ultra」を超えた大型ディスプレイを搭載に。「Xperia XA3 Ultra」のレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia XZ4」シリーズは「アンビエントフロー」が継続して採用されている可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


デザインの刷新は見送りに。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

BTW what I learn is SONY Mobile always make Xperia’s design one year ahead of it actual release date.

So the design of next Flagship might still come with ambient flow design.

Still the design improvement is expected for sure especially the FPS position.

さて今回の投稿によると、SONYは常に新型「Xperia」の設計を1年前倒しで行なっている可能性が高いことからも、よほどの計画変更がない限り、次期「Xperia XZ4」では「Xperia XZ3」と同様にアンビエントフローを継続して採用する可能性が高いとしています。

ただ大幅なデザイン変更はなくても、細部の設計変更はある可能性が高く、「指紋認証」の搭載位置は変更になる可能性があるとしています。少なくとも「指紋認証」に関しては、「背面」での搭載位置が変更されるのか、「Xperia XA3」シリーズのように「側面」に変更されるのか判然としない状況にあります。

ただ先日の情報からも「ミドルレンジモデル」だけではなく、「ハイエンドモデル」も側面に「指紋認証」が搭載される可能性が高いと予測されています。ただ従来の流れをみると「Xperia XZ」などに採用されていた「ループサーフェイス」デザインも2年間は継続していました。

このことからも「アンビエントフロー」が1年で終了になるということは、SONYにとってよほどのことであると考えることもできます。また「Xperia XZ3」では、本体の薄型軽量化に伴い、さらに洗練されてたデザインの採用で、かなりの高評価を獲得しています。SONYにとっても非常に判断が難しいところであると考えることができます。ただ「Xperia XZ4」のデザインの刷新に過度の期待をしないほうが無難かもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧