• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • シェア1位を死守するためにも。「Galaxy Note9」はやはり爆発的なヒットになったって話。

シェア1位を死守するためにも。「Galaxy Note9」はやはり爆発的なヒットになったって話。

先日の情報からも、歴代「Galaxy」において、最も高いとされている「Galaxy Note9」の「RAM8GB/ストレージ512GB」モデルですが、「ベースモデル」ではなく最上位モデルに人気が集中していることが判明しており、特に「アメリカ」市場においては最大2ヶ月待ちの大ヒットとなっていることが判明しています。詳細は「「Galaxy S9」の失敗を乗り越えて。「Galaxy Note9」の一部モデルは2ヶ月待ちの大ヒットにって話。」をご参照下さい。

一方で、特に売れ行きが好調とされている「アメリカ」市場において、Samsungは「Galaxy Note9」に新たに2色追加するとしており、一つは「ブラック」そしてもう一つは、「アメリカ」が初の展開となる「シルバー」を発売するとしています。詳細は「人気の裏返し?それとも販売不調の裏返し?「Galaxy Note9」に新色「シルバー」が追加にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、Samsungの「Galaxy Note9」が「インド」の「プレミアム」モデルの中で大幅にシェアを拡大することに成功したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


インドでシェアを拡大に。

 

さて今回、ドイツの市場調査会社である「GFK」によると、「Galaxy Note9」は中国と異なり「インド」で大きくシェアを伸ばすことに成功したことが判明したとしています。今回の調査結果によると、「$540」以上で発売されている機種、つまり「プレミアム」モデルのセグメントにおいて、「Galaxy Note9」は「62.5%」のシェアを獲得することに成功したとしています。

あくまでも今回の調査結果は、「8月」のみとなっていますが、「$540」以上と限定すれば、2人に1人以上が「Galaxy Note9」を購入していることになります。また今回の情報では、「ベースモデル」なのか「最上位モデル」なのか両方を含んでいるのか、その内訳が判然としませんが、Samsung自体の収益も「60%」改善したとしています。

一方で主力部門である「ミッドレンジモデル」においては「Galaxy A」シリーズが非常に人気で、「$400~$540」のセグメントにおいて「55%」のシェアを獲得することに成功したとしています。

現時点では「中国」が最も大きい市場ですが、今後の人口増加率を考えると、「インド」が後に世界で1番の市場になると考えることができ、「インド」で確実にシェアを伸ばしていくことは、「Samsung」にとって非常に明るい兆しとなります。

先日の情報からも「iPhone XS Max」よりアンケート結果からも「Galaxy Note9」のほうが人気が高いことが判明しており、さらにアメリカの評価機関である「Consumer Report」においても、「iPhone XS Max」より高い評価を獲得していることが判明しています。詳細は「頂上決戦の結果。人気投票の結果「Galaxy Note9」が「iPhone XS Max」に圧勝した。」とカメラ」は高評価でも。「iPhone XS Max」が「Consumer Report」で「Galaxy Note9」に敗北。」をご参照下さい。

今後もこの勢いは続きそうですよね、続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧