• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • SONYが理想とする「アスペクト比」を実現に。次期「Xperia XZ4」はディスプレイの強化が計り知れないって話。

SONYが理想とする「アスペクト比」を実現に。次期「Xperia XZ4」はディスプレイの強化が計り知れないって話。

先日の情報からも、販売絶不調である「Xperia XZ2 」と「Xperia XZ2 Compact」に採用された「アンビエントフロー」ですが、SONY自ら失敗を認めており、来年の初頭に登場すると予測されている「Xperia XZ4」でデザインの再設計が施される可能性が高いと予測されています。詳細は「アンビエントフローは失敗だと認めた。来年登場する次期「Xperia XZ4」でデザインを再設計へって話。」をご参照下さい。

一方で先日リークした「Xperia XA3」と「Xperia L3」のリークしたレンダリング画像からも側面に「指紋認証」が搭載され、「デュアルレンズカメラ」が搭載されるなどデザインを刷新していることが確認されています。詳細は「「Xperia XA2 Plus」をさらに洗練したデザインを採用へ。「Xperia XA3」のレンダリング画像が公開にって話。」と「「Xperia XZ1」以来の電源ボタン統合型「指紋認証」が復活。「Xperia L3」のレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、次期「Xperia」のアスペクト比について投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「アスペクト比」が変更に。

 

さて今回投稿されていた内容が以下のようになります。

是不是觉得索尼不激进?
OK
2017 Xperia 屏幕比例 16:9
2018 年是18:9
到了 2019 年,会上 21:9
“一条手机”的时代即将到来

さて今回の投稿によると、「2017年」のアスペクト比は「16:9」に2018年のアスペクト比は「18:9」そして来年登場する次期「Xperia」は「21:9」を採用する可能性があるとしています。

ただ先日の情報からも「Xperia XZ2 premium」が、アスペクト比「16:9」を継続した理由としてはコンテンツの視聴を優先するためとされています。詳細は「結局は技術的制約に。「Xperia XZ2 premium」が視聴体験を優先してアスペクト比16:9を採用って話。」をご参照下さい。このことからも世の中の多くのコンテンツが「アスペクト比18:9」に対応していないことを、SONY自ら認めていることなります。

一方で、SONYモバイルのみで考えると、「アスペクト比21:9」は時期尚早だと考えることができますが、SONYグループ全体で考えた場合は「アスペクト比21:9」が最適だとされています。つまり、SONYが持っている多くのコンテンツを「Xperia」で活かすために「アスペクト比21:9」を採用すると考えることができます。

「Xperia XZ3」で「有機ELディスプレイ」を搭載し、さらにデザインに幅が出たことを考えれば、次期「Xperia XZ4」シリーズでは「有機ELディスプレイ」を搭載する可能性が非常に高いと考えることができます。そして今回の情報のように「アスペクト比」の変更と、SONYは「ディスプレイ」を中心に「Xperia」を大幅に強化すると考えることができます。

ただ仮に「アスペクト比21:9」を採用したとしても、SONYのコンテンツ以外は対応していないことからも、かなりのジレンマを抱えることになりそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧