• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • やはり来年上期の大注目株に。「Galaxy S10」のトリプルレンズカメラの仕様が明らかにって話。

やはり来年上期の大注目株に。「Galaxy S10」のトリプルレンズカメラの仕様が明らかにって話。

先日の情報からも来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy S10」ですが、「S」シリーズとして初となる「3モデル」構成になると予測されており、さらに「プレミアム」モデルの2機種は「超音波式」の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載すると予測されています。詳細は「「Galaxy S10」は超音波式「指紋センサー」を採用でディスプレイに統合が可能にって話。」と「一つのシリーズで幅広いニーズに対応を。「Galaxy S10」シリーズにはエントリーモデルが追加かもって話。」をご参照下さい。

一方でまだ十分に環境が整備されていない「5G」に対して、先日の情報からも「galaxy S10+」には「5G」に対応した特別モデルが存在しているとされており、さらにこの特別モデルは「韓国」限定モデルになる可能性があるとされています。詳細は「Samsungにとって「Galaxy S10+」は特別な存在へ。次期「Galaxy S10」シリーズは4モデル構成にって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、次期「Galaxy S10」で搭載されると予測されている「トリプルレンズカメラ」に詳細な仕様が判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「トリプルレンズカメラ」の仕様。

 

さて今回リークした「Galaxy S10」の「トリプルレンズカメラ」の仕様が上記の画像になります。メインカメラが「1200万画素」で、「Galaxy note9」や「Galaxy S9」シリーズと同様に「デュアルアパチャー」機能に対応していることを確認することができます。

一方で2つ目のカメラは「超広角」に対応した仕様となっており最大「123度」に対応する一方で、「光学式手ぶれ補正」には対応していません。そして3つ目のカメラに関しては、「ズーム」に特化した仕様となっており、「1300万画素」で、「F2.4」そして「光学式手ぶれ補正」に対応していることを確認することができます。

やはり新しく搭載される「超広角」カメラが非常に気になるところです。ただ今回の情報では「フロントカメラ」に関する情報は言及しておらず、判然としない状況となっています。先日の情報からも「Galaxy Note9」がDxQMarkにレポートからも「Huawei P20」シリーズには及ばなかったものの、3位に位置していることから、世界最高峰のカメラを搭載していることに間違いありません。詳細は「Samsungのすべてを結集した「Galaxy Note9」でも及ばない。「Huawei P20 Pro」のカメラは尋常じゃないって話。」をご参照下さい。

このことからも世界最高峰のカメラがさらに強化されることになります。今年においては「デュアルレンズカメラ」がトレンドでしたが、来年以降は「トリプルレンズカメラ」がトレンドになると予測されています。その筆頭として「Galaxy S10」シリーズがどのような仕様になるのか非常に楽しみですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧