• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「Xperia XA2 Plus」をさらに洗練したデザインを採用へ。「Xperia XA3」のレンダリング画像が公開にって話。

「Xperia XA2 Plus」をさらに洗練したデザインを採用へ。「Xperia XA3」のレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも、「Xperia」として初の「デュアルレンズカメラ」に「デュアルフロント」カメラを搭載すると予測されていた「Xperia XA3」ですが、一部情報では「IFA2018」で発表すると予測されていた中、実際には発表されませんでした。詳細は「革新的なデザイン変更はミドルレンジモデルから。次期「Xperia XA3」は2つのディスプレイに4つのカメラを搭載かもって話。」と「ミドルレンジモデルの戦略が大幅に変更に。SONYはIFA2018で「Xperia XA3」を正式に発表かもって話。」をご参照下さい。

一方で、SONYは「ハイエンドモデル」が成熟期に入ったことからも大きな成長が見込めないことから、今後大きく成長が予測されている「ミドルレンジモデル」の開発に注力すると予測されており、今後「ミドルレンジモデル」が大きく刷新すると予測されています。詳細は「「5G」は「生き残り」の手段。SONYは今後「成長」するために「Xperia XA」シリーズの開発に注力するって話。」をご参照下さい。

さて今回Mysmartpriceによると、来年の初頭に登場が予測されている「Xperia XA3」の詳細なレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


レンダリング画像が公開に。

 

さて今回公開された「Xperia XA3」のレンダリング画像が上記の画像になります。上記の画像からも「Xperia XA2 Plus」と同様に「アスペクト比18:9」を採用していることを確認することができ、「ディスプレイサイズ」は「5.9インチ」と、大幅にディスプレイが大型化されるとしています。

さすがに「有機ELディスプレイ」を搭載していることはないと思いますが、表示解像度は「FHD +」になるとしています。本体の厚さにも言及しており、「155.7 x 68.3 x 8.4mm」となる一方でカメラのバンプ部分を含めると「8.9mm」になるとしています。

また「ハイエンドモデル」でも販売地域に関係なくRAM「6GB」を採用しているのが「Xperia XZ2 premium」くらいの中、「Xperia XA3」もRAM「6GB」を採用するとしており、今後一部モデルにおいては、「ミドルレンジモデル」でさえRAM「6GB」を採用すると考えることができます。

「Xperia XZ1」以来となる「側面」に「指紋認証」を搭載していることを確認することができ、その代わりに「Xperia XA2」シリーズで初めて採用となった「背面」の指紋認証が廃止となっていることを確認することができます。また「デュアルレンズカメラ」を搭載しており、「Xperia XZ2 premium」と異なり。「並行型」を採用しています。

「Xperia XA2 Plus」の場合は、「背面」に指紋認証を搭載していることからも、「カメラレンズ」の位置が高くなるのは納得できましたが、「Xperia XA3」に関しては、なぜここまで「カメラ」の搭載位置を高くする必要性があるのか判然としません。

ただ少なくとも先日の情報から、SONYは下手にカメラの数を増やす必要性がないとしていましたが、「ハイエンドモデル」より先に「デュアルレンズカメラ」を搭載するのはちょっと矛盾も感じてしまいます。詳細は「SONYは「シングルカメラ」に最高の自信を。「Xperia XZ3」が「デュアルレンズカメラ」を搭載しなかった理由が判明にって話。」をご参照下さい。

今回の情報では「Xperia XA3 Ultra」に言及していませんが、「Xperia XA3 Ultra」と同時にCES2019で発表される可能性が高いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧