• HOME
  • ブログ
  • iPhone XR , iPhone Xs
  • 本体価格以上に「デザイン」や「スペック」を。なんだかんだ言って「iPhone XR」より「iPhone XS」のほうが人気って話。

本体価格以上に「デザイン」や「スペック」を。なんだかんだ言って「iPhone XR」より「iPhone XS」のほうが人気って話。

「9月21日」から発売開始となった「iPhone XS」と「iPhone XS Max」ですが、その本体価格が大幅に上昇したことが大きく影響しているのか、それとも「iPhone XR」の発売を控えていることが大きく影響しているのか、例年通りの活気はなく、すでに在庫状況が改善しつつあることが判明しています。詳細は「劇的に在庫状況が改善に。「iPhone XS」シリーズはすでにドコモオンラインショップで在庫ありにって話。」をご参照下さい。

今回発売を開始した「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は、「iPhone6s」以来の久しぶりの「S」モデルとなっていることが大きな影響を及ぼしている可能性も考えれますが、一方で、同時に発表・発売を開始した「Apple Watch series4」は、第1サプライヤーだけでは生産が全く追いつかないなど爆発的なヒットとなっています。詳細は「「iPhone XS」シリーズの売上を支えるように。「Apple Watch series4」は爆発的なヒットで11月まで供給不安定にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は未だ発売を開始していない「iPhone XR」より僅かながら人気が高いことが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


結局のところ人気は「iPhone XS」

 

さて事前情報からも「iPhone XS」と「iPhone XS Max」、そして「iPhone XR」は「iPhone6」シリーズ以来となる「スーパーサイクル」に入る可能性があると予測されていましたが、今回の情報によると、販売不調に見える「iPhone XS」と「iPhone XS Max」を含めても「スーパーサイクル」に入る可能性が高いと予測しています。

投資会社Piper Jaffrayのアナリストによると、「700人」を対象に行なったアンケートからも、ユーザーは予想よりもアップグレードを望んでいることが判明したとしており、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」で「39%」となっており、一方で「iPhone XR」で「36%」そして残りが「iPhone8」シリーズなどの内訳になったとしています。

Raising iPhone ASP Assumptions for FY19. We are now expecting an FY19 ASP of $770 (vs. previous estimate of $758). If, as described above, iPhone Xr proves to have a higher mix than our estimate (i.e. 36% instead of 30% — to allow for new iPhones to account for 75% of mix, similar to FY18), it would take our FY19 iPhone ASP to $780 (vs. current consensus of $768).

また「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の人気の割合が高い分、「iPhone」の平均単価を押し上げる可能性が高いとしており、「iPhone XR」や「iPhone8」シリーズを販売すればするほど平均単価が下がると考えることができる中、それでも全体的には「平均単価」が上がるとしています。

つまりそれだけ「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の価格が高いと考えることができます。ただ今回の情報とおして、「デザイン」や「スペック」が「iPhone X」の時から大幅に変更されているわけではありませんが、やはり「iPhone XS」シリーズのほうが人気が高いということを考えれば、ユーザーは「iPhone」に「ハイエンド仕様」を求めていると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧