ユーザーにより最適な選択肢を与えるために。「Xperia XZ2」シリーズに「Xperia XZ3」。選び方は「ディスプレイ」かもって話。

「Xperia」初の「2K」の表示解像度に「有機ELディスプレイ」の搭載によって、かなりの高評価を獲得している「Xperia XZ3」ですが、先日の情報からもPhone Arenaが公開した「ディスプレイ」テストにおいて、歴代「Xperia」の中で最も優れた「ディスプレイ」を搭載しているのは「Xperia XZ2 Compact」であることが判明しています。詳細は「「Xperia XZ2 premium」を超える「ディスプレイ」を搭載に。ただ「Xperia XZ3」は「Xperia XZ2 Compact」に負けているって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも「Xperia XZ3」は「display Mate」が公開したレポートより、「iPhone XS」や「Galaxy Note9」など最新機種が含まれていない状態で過去最高評価を獲得していましたが、先日公開された最新のレポートにおいて「iPhone XS Max」がスマートフォンで最高の評価を獲得していることが判明しています。詳細は「「Xperia XZ3」でも「Galaxy Note9」でも及ばない最高の品質。「iPhone XS Max」の「ディスプレイ」が過去最高評価を獲得したって話。」をご参照下さい。

さて今回ePriceによると、今年登場した「Xperia XZ2」、「Xperia XZ2 premium」そして「Xperia XZ3」を比較したレビューを公開しているので簡単にまとめたいと思います。


選択方法は「ディスプレイ」

 

さて今回同サイトによると、「Xperia XZ2」シリーズと「Xperia XZ2 premium」を以下のうように評価しています。

簡單來說,Sony 2018 年的三大旗艦,螢幕分別是從 XZ2 的 FHD+ HDR IPS LCD 螢幕到 XZ2 Premium 的 4K HDR IPS LCD 螢幕,最後則是捨棄 IPS LCD 然後改用 2K HDR  OLED 螢幕的 XZ3;基本上三款手機的螢幕特性各自都有所不同,要說照著螢幕來挑選手機也不為過。

同サイトによると、今年登場した「Xperia XZ2」は「FHD+ HDR IPS LCD」、「Xperia XZ2 premium」は「4K HDR IPS LCD」そして「Xperia XZ3」は「2K HDR  OLED」を搭載しており、さらに「台湾」で発売されるモデルに関しては共通してRAM「6GB」ストレージ「64GB」となっていることからも、価格差はあるにしろ、ユーザーにとって最適なディスプレイで選択するのがベストだとしています。

確かに三者三様のディスプレイを搭載しており、例えば「映像」を楽しみたいのであれば「Xperia XZ2 premium」、発色のよいディスプレイを楽しみたいのであれば「Xperia XZ3」と、ユーザーの用途によって、「ディスプレイ」で判断するのが最適だと考えることもできます。

今回の3機種は、アンビエントフローを採用していますが、「Xperia XZ3」はより洗練された「Edgeスタイル」、「Xperia XZ2 premium」は「アスペクト比16:9」を採用、そして「Xperia XZ2」はオーソドックスな「アスペクト比6:9」を採用と、デザインにおいてもバリーエーションがあります。

ただ先日の情報からも、「有機ELディスプレイ」を採用することによって、バックライトが不要になり、本体のデザインの制約が緩和されたとしていることからも、今後登場する次期「Xperia」は「有機ELディスプレイ」を搭載すると考えることができます。

来年登場する次期「Xperia XZ4」シリーズでは「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されていることからも、今年登場した機種のように分かりにくいことはなく、「ディスプレイサイズ」でユーザーが選択できるようになると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧