• HOME
  • ブログ
  • iPad
  • 「iPhone XS」と同等に存在を引き立てるために。Appleは次期「iPad Pro」を10月に発表へって話。

「iPhone XS」と同等に存在を引き立てるために。Appleは次期「iPad Pro」を10月に発表へって話。

「iOS12」のβ版の時点から、次期「iPad Pro」は「Face ID」を搭載し、「ベゼルレスデザイン」を採用する可能性が高いと予測されており、さらに次期「iPad Pro」は、「ノッチスタイル」ではなく、「均一なベゼル」を採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「「ノッチ」スタイルは不採用へ。iOS12のβ版から次期「iPad Pro」のデザインが判明かつ確定にって話。」をご参照下さい。

一方で先日には「iOS12.1」のβ版から、「iPad2018」という表記が確認されていることからも、次期「iPad Pro」は「10月」に発表される可能性が高いと予測されており、この情報が正しければ、Appleとしては「10月」に久しぶりにイベントを開催することになります。詳細は「久しぶりに「10月」にイベントを開催へ。次期「iPad Pro」は別イベントで正式に発表へって話。」をご参照下さい。

さて今回Tech SINAによると、Appleは「10月」イベントを開催し、次期「iPad Pro」を発表する可能性が非常に高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


10月にイベントを開催へ。

 

さて今回の情報によると、Appleは「10月」にイベントを開催し、次期「iPad Pro」を含めた新しいハードウェアを複数発表する可能性が高いとしています。9月にAppleが「iPad Pro」を発表しなかった理由に関しても言及しており、一つ目は予定より研究開発が遅れていること。そして、フルモデルチェンジとなる「iPad Pro」のユーザーの注目を最大限惹きつけるためとしています。

先日開催されたイベントにおいては、「Apple Watch series 4」、そして「iPhone XS」シリーズに「iPhone XR」とそれだけ時間いっぱい使っていた印象があり、確かに「iPad Pro」など他のハードウェアを発表している時間はなかったと考えることができます。

今回の情報では言及していませんが、次期「iPad Pro」に加えて、新型の「13インチMacBook」や「Mac mini」、そして「iMac」の2018年モデルが発表される可能性が予測されています。

また次期「iPad Pro」に関しては情報が錯綜しており、既存の「10.5インチ」モデルと「12.9インチ」モデルがそれぞれフルモデルチェンジになるとの予測もある一方で、既存の「10.5インチ」と「12.9インチ」はマイナーアップデートに留まり、新たに「有機ELディスプレイ」を搭載した「11インチ」モデルが追加され、この「11インチ」モデルが「Face ID」を搭載しているとの予測もあります。

詳細は「「iPad mini」は完全に終焉となるのか。次期「iPad Pro」は新たに「11インチ」モデルが追加で3モデル構成にって話。」と「「iPad mini」の存在は不要に。次期「iPad Pro」と現行モデルのサイズを比較した画像が公開にって話。」をご参照下さい。個人的には「11インチ」が新たに追加されるとの予測のほうが現実味があると考えてしまいます。続報に期待しましょう。

おしまい。


Via 気になる記になる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧