• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 世界初の「BONE VOICE ID」を搭載して。「Huawei Mate20 Pro」は3つの生体認証を搭載にって話。

世界初の「BONE VOICE ID」を搭載して。「Huawei Mate20 Pro」は3つの生体認証を搭載にって話。

「10月16日」に正式発表が確実視されている「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」ですが、先日には「公式プレス」画像がリークしており、「Huawei P20 Pro」から継続して「トワイライト」、「ブラック」、「ブルー」の3色展開になる可能性が高いと予測されています。詳細は「彩り豊かなカラーで人気は必然に。「Huawei Mate20 Pro」の公式プレス画像がリークしたって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Huawei Mate20 Pro」は「ワイヤレス充電」に対応すると予測されている一方で、同時に発表が予測されている「Huawei Freebuds 2 Pro」の充電も可能となっていることが判明しており、「ワイヤレス充電」をかなり強化してきている仕様になっていると考えることができます。詳細は「「Huawei Mate20 Pro」と一緒に使うことで最高の組み合わせに。「Huawei Freebuds 2 Pro」はワイヤレス充電が可能にって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Huawei Mate20 Pro」は、世界初の「VONE VOICE ID」を搭載し、全部で3つの「生体認証」を搭載している可能性が高いと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



世界初の技術を。

 

さて今回の情報によると、「Huawei Mate20 Pro」はより強化された「顔認証」を搭載するとしています。上記の画像からも「iPhone X」に搭載されている「Face ID」の2倍のスピードで認証が搭載が可能になっていることを確認することができます。またこの「顔認証」は「iPhone X」のような「Apple Pay」以外にも様々なシーンで利用が可能であると強調していることを確認することができます。

一方で「液晶」には「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されている機種はすでに存在していますが、「Huawei Mate20 Pro」は先日の情報からも「6.9インチ」の「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されているからも、世界初の「有機ELディスプレイ」に「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載された機種になることを確認することができます。詳細は「「6.9インチ」の大型ディスプレイを確定に。「Hauwei Mate20 Pro」は「2K」のアスペクト比「18.7:9」にって話。」をご参照下さい。

そしてもう一つの世界初として「BONE VOICE ID」が搭載されるとしています。骨伝導を利用して、瞬時にユーザーの声を検出することによって本体のロックを解除することが可能になるとしています。今回の情報では詳細が判然としませんが、少なくとも「声」だけでは、セキュリティ面でも不安が残ることからも、骨伝導も組み込んでセキュリティを強化していると考えることができます。

また「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」は新しく外部ストレージに対応するとした上で、従来の「micro SD」は使用できず、新たな規格である「Nano SD」に対応するとしています。先日の情報からも、最大「512GB」に対応していることを考えれば、そこまで重要視する必要性はないと考えることができます。

今回の情報で、「Huawei Mate20 Pro」は「生体認証」が大幅に強化されることになります。特に新技術である「VONE VOICE ID」は非常に楽しみですね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧