Samsungはアメリカ市場を優先に。「Galaxy Note9」を新たに2色追加したって話。

先日の情報からも、「Galaxy」史上最高価格となっている「Galaxy Note9」の最上位モデルですが、アメリカ市場においては「最上位モデル」に人気が集中していることが判明しており、最大で2ヶ月待ちの大ヒットとなっており、一方でSamsungの利益率改善にも大きく貢献していることが判明しています。詳細は「Galaxy S9」の失敗を乗り越えて。「Galaxy Note9」の一部モデルは2ヶ月待ちの大ヒットにって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、アメリカ市場を中心に「Galaxy Note9」の新色である「シルバー」が展開されることが判明しており、勢いがありもともと根強い人気がある「アメリカ」市場において、さらに勢いをつけたい可能性があると予測することができます。詳細は「人気の裏返し?それとも販売不調の裏返し?「Galaxy Note9」に新色「シルバー」が追加にって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、Samsungはアメリカ市場において、「Galaxy Note9」に新しく2色展開することが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



新たに2色展開に。

 

さて今回の情報によると、Samsungはアメリカ市場において、「Galaxy Note9」で新たに「クラウドシルバー」と「ミッドナイトブラック」の2色を追加することが判明したと報告しています。アメリカ市場は、メインカラーの「ブルー」と「パープル」の2色展開だったので、合計4色展開になると考えることができます。

「クラウドシルバー」に関しては、「10月5日」より、「Samsung」の公式オンラインストアもしくはBest Buyのみで発売されるとされていることからも、独占販売になる可能性が高いとされている一方で、「ミッドナイトブラック」に関しては、「10月12日」より発売開始となっているのみで、展開方法が制限されていない可能性が高いとしています。

今回のように、Samsungが後に新色を追加することは珍しいことではなく、「Galaxy S9」シリーズの時は「ゴールド」と「レッド」が追加されており、「アメリカ」市場では「ゴールド」が追加されました。ただ逆に考えれば、「Galaxy Note9」の売上に落ち着きが見えてきていると考えることができます。

また今回の「2色」に関しては、容量構成およびその本体価格は、既存色と同様になるとしています。一部機種では後に追加された新色のみの本体価格が高くなるときがありますが、この辺に関しては、ちょっとSamsungは良心的ですよね。

日本でも発売される可能性が非常に高いと予測されていますが、どのカラーを扱うのか非常に気になります。「Galaxy Note8」のパターンを考えれば、「2色」展開になると考えることができ、また容量構成に関しても、「RAM6GBストレージ128GB」のベースモデルのみの展開になると考えることができます。

カメラに関しては非常に定評があり、さらにスペックが大幅に強化されている「Galaxy Note9」ですが、今後どれだけ売上を伸ばして「Galaxy S10」にバトンタッチができるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧