• HOME
  • ブログ
  • iPad
  • 正式配信を開始した「iOS12」。ここから分かる次期「iPad Pro」のデザインとスペックはって話。

正式配信を開始した「iOS12」。ここから分かる次期「iPad Pro」のデザインとスペックはって話。

先日の情報からも、Appleは「9月」のイベントで次期「iPad Pro」を正式発表する可能性が高いと予測されていましたが、実際には発表されませんでした。ただ直近の情報においては、「iOS12.1」の内部コードから、今年の秋に次期「iPad Pro」の登場を示唆する内容が見つかっており、久しぶりに「10月」にイベントが開催される可能性が高いと予測されています。詳細は「久しぶりに「10月」にイベントを開催へ。次期「iPad Pro」は別イベントで正式に発表へって話。」をご参照下さい。

また、次期「iPad Pro」は「Face ID」に「ベゼルレスデザイン」を採用した2つのモデルが登場すると予測されていましたが、先日の情報からも既存の「10.5インチ」と「12.9インチ」に加えて、「有機ELディスプレイ」を搭載した「11インチ」の次期「iPad Pro」が登場すると予測されており、この「11インチ」モデルが「ベゼルレスデザイン」を採用している可能性が高いと予測されています。詳細は「「iPad mini」は完全に終焉となるのか。次期「iPad Pro」は新たに「11インチ」モデルが追加で3モデル構成にって話。」をご参照ください。

さて今回Phone Arenaによると、配信を開始された「iOS12」から次期「iPad Pro」に関してわかることをまとめていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「iOS12」から分かること。

 

さて今回の情報によると、「iOS12」によって大きくインターフェイスが変更された「iPad」ですが、その仕様は「iPhone X」など「ノッチスタイル」を採用した機種と同じインターフェイスとなっています。このことからも、次期「iPad Pro」は「ノッチスタイル」を採用している可能性があるとの予測もありますが、同サイトは否定しています。

同サイトによれば、あくまでも同じ「iOS」である「iPad」と「iPhone」が同じ外観と動作方法で、一貫性のビットを追加するための措置にすぎないとしており、「ノッチ」スタイルを採用した「iPhone X」と同じインターフェイスになったからといって、次期「iPad Pro」が「ノッチスタイル」を採用する可能性は低いとしています。

また先日の情報からも「iOS12」のβ版から、次期「iPad Pro」のアイコンが発見されており、このアイコンを確認する限り「ノッチスタイル」を採用している可能性は非常に低いとされています。詳細は「「ノッチ」スタイルは不採用へ。iOS12のβ版から次期「iPad Pro」のデザインが判明かつ確定にって話。」をご参照下さい。

 

また「Appドック」の起動方法についても、3つの異なるジェスチャー操作が可能になっていることからも、「ホームボタン」がないことが前提のジェスチャー操作である可能性が高いと予測しています。

同サイトによれば、次期「iPad Pro」は「ノッチ」スタイルではないけれど、ベゼルレスデザインを採用しており、さらに「Face ID」を搭載している一方で、「Touch ID」は搭載していないと結論付けており、先日までの情報を、配信された「iOS12」でさらに確証づけたと考えることができます。事前情報通り、フルモデルチェンジになる「iPad Pro」の登場を早く期待したいところですね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧