• HOME
  • ブログ
  • iPhone , iPhone Xs
  • 「iPhone XS」シリーズの売上を支えるように。「Apple Watch series4」は爆発的なヒットで11月まで供給不安定にって話。

「iPhone XS」シリーズの売上を支えるように。「Apple Watch series4」は爆発的なヒットで11月まで供給不安定にって話。

「iPhone」史上最高価格を更新した「iPhone XS Max」ですが、先日の情報からも「高価格化」の影響を大きく影響を受けているのか、それとも「S」モデルであることが大きく影響を受けているのか発売直後にも関わらず、早くも在庫状況が改善していることが判明しています。詳細は「あまり焦って予約する必要性はない?「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の在庫状況が早くも改善したって話。」をご参照下さい。

一方で、同時に発表された「Apple Watch series4」は「Apple Watch」が登場したから初となるフルモデルチェンジとなっており、大型ディスプレイの搭載に、電池持ちの改善、そして集音マイクやスピーカーの改善など、大幅に進化していることが判明しています。

さて今回Phone Arenaによると、「Apple Watch series4 」は当初の予測を大きく超えて爆発的なヒットになっている可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



想定以上の売上に。

 

今回の情報によると、Appleの情報に精通しているアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、「Apple Watch series 4」の事前予約状況、そして発売開始直後の在庫状況からも当初の予測を大きく超えて「Apple Watch series 4」が売れていると報告しており、今後の販売予測を引き上げたとしています。

もともと同氏の予測によれば、「Apple Watch series 4」は「Apple Watch」全体の今年の販売数の「55%」を占める可能性があると予測しており、その台数は「18万台」程度になるとしています。その上で、それ以上に今年の販売台数は伸びるとしています。

これだけの人気を集めている理由としては「大きなディスプレイ」の搭載、そして新たな「心電図」など、新機能の追加などが、ユーザーの注目を大きく集め、価格が高くなった影響を受けていないとしています。

ただ残念なことに「Apple Watch series 4」のメインサプライヤーである「Quanta」はすでに生産状況が限界となっており、「Compal」が生産を開始するとされている「11月」までは在庫状況が安定することはないとしています。

確かに執筆時点での「Apple Watch series 4」の「Appleオンラインストア」の在庫状況は「1ヶ月待ち」となっており、むしろ「iPhone XS」シリーズより非常に不安定な状況になっていることを確認することができます。一方で「キャリア」モデルの入荷状況に関しては完全に不透明な状態となっています。

「Apple Watch series 3」でCellularモデルに対応し、さらに電池持ちが大きく改善したことから、一気に売上を伸ばした「Apple Watch」ですが、「Apple Watch series 4」でフルモデルチェンジをすることによって、さらに大きく売上を伸ばすと考えることができます。

「Apple Watch」自体が、なくても困らない存在である一方で、一度慣れてしまうとなくてはむしろ困る存在になるなど、絶妙な存在であることに間違いはありません。ただ「Apple Watch」がこれだけの進化をしてくると、いずれは「iPhone」にとってかわる存在になるのかもしれませんね。

Apple Watch series 4をドコモで予約する

Apple Watch series 4をauで予約する

Apple Watch series 4をソフトバンクで予約する

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧